ドラマスペシャル忠臣蔵〜その男、大石内蔵助

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索
作品概要
制作会社 テレビ朝日
公開年度 2010年
内蔵助役 田村正和
評価 2ツ星


とにかく、テレビ朝日、エライ。

新作を放送したことはもう、ファンとしては無上の喜び。

しかし、びっくりするくらいパッとしない「安全運転な」作品。全行程を時速30キロで進んでるかんじ。


バンツマの息子、田村正和が大石内蔵助


新しい忠臣蔵ファンをゲットしようとかそういう製作側の意欲はまったく感じず、極力お茶の間の時代劇ファンを刺激しないように作ったといった感じに、無難&無味無臭に仕上がっている。淡々としてて痛快さにも面白味にも欠ける。

自分が忠臣蔵ビギナーだったら、一体なぜ「忠臣蔵」がこれほど長い間もてはやされてるのかは、本作品からは見つけられなかったと思う。

かといってスタッフ&キャストの姿勢は決していいかげんではなく全体が丁寧な作りで、なんというか年を取ったベテラン先生の公民の授業とでも言おうか、「ちゃんとしてる」のが唯一の取り柄?


冠に「その男」と強調までして名前が出ているわりに大石内蔵助像にも特別な演出も解釈も無く、「演じているのが田村正和」という以外、なんにも特徴が無い人物に仕上がっている。

音無の剣」にもそういう雰囲気が漂っていたが、田村正和を出すということは、あくまでそれがメインであり、彼を目立たせるために他のあらゆるテンションを「彼以下にする」という取り決めにでもなっているのだろうか。田村のテンションは徹底的に起伏が無く、さしずめ堀田隼人が年をとった風。


吉良上野介を演じているのは西田敏行なのだが、彼は「悪役・吉良」をイイ感じにふくらませている。

ちょっと元も子もないことを言ってしまうと、高家筆頭の気品はむしろ田村正和に感じ、気骨で本心が見えない田舎侍こそ西田敏行がピッタリに思える。

そもそも、どうしてこの人物がこの役者なのか、と言ったこだわりがすべての配役に見られない。


絵図面取り」や、「徳利の別れ」を入れた心意気はうれしい。

個人的に「堀部安兵衛(NHK)」の続きが見たかった私には安兵衛に小澤征悦を当ててくれたのもうれしい(だから「こだわりがすべての配役に見られない」は言い過ぎ御免。立花左近の北大路欣也も良い)。で、ギリギリ星ふたつ。


しっかし近年の忠臣蔵には、この歴史あるエンターテインメントを遊ぼうというセンスが徹底的に欠けている。スタッフさんには講談や浪曲、人形浄瑠璃や歌舞伎、または1950年代の映画を見直してほしい。部分を「抜粋」するんじゃなく、過去の名作が「どういうコトをしようとしていたのか」「なぜウケいていたのか」を見直して欲しい。