元禄あばれ笠〜浪曲忠臣蔵より〜

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索
作品概要
制作会社 東宝/吉本
公開年度 1943年
内蔵助役 月形龍之介
評価 2ツ星


じゃっかん「銘々伝」のおもむきの本作ですが、昭和18年公開というのが珍しいので(くすぺでぃあでは「初祝二刀流」も1944公開扱いにしてるし)、年表的に戦時中公開映画としてくくりました。


浪曲忠臣蔵という題名のとおり、BGM(ストーリーテラー?)的に寿々木米若、梅中軒鶯童、広沢虎造がうなる浪曲と映画のコラボ=「浪曲映画」。


さて、太平洋戦争中で昭和18年と言えばもう、南のほうで日本軍が玉砕したり撤退したり、山本五十六が亡くなったり、上野動物園で動物が毒殺されて、学徒出陣。

そんな12月「(前線や内地で)健全なる慰安をあたえることを意図して」(<当時の広告)公開されたらしいのだが、もう釣り鐘や忠犬ハチ公像を溶かして戦車や戦闘機を作ろうっていう時節柄なので、開戦当時は「元禄忠臣蔵」であれだけひろびろした邦画のスケールはどこへやら。どのシーンも四畳半くらいに収まってる質素な印象を感じる。


「天の巻」は藩をクビになってすっかりツマハジキ者の不破数右衛門と長屋の友達の話。どれくらいツマハジキかというと、夜に長屋で寝ているところを片岡源五右衛門が「死んでくれ」と襲ってくるほど。殿様の墓前で腹を切ろうとした時に居合わせた内蔵助に「心底見えた」と帰参を許される。

「地の巻」は俵星玄蕃と妹・お琴の話。小山屋に女中奉公してる恥ずかしざかりの琴は泊まり客の大石主税にホの字。「兄が吉良に仕官しそう」と打ち明け、それを又聞きした内蔵助が殿様から拝領した小刀を琴づたいに玄蕃にあげて仕官をやめさせる。(<なにか察したのですな)

「人の巻」は「南部坂雪の別れ」で、…って、ともかく全三部とも浪曲を聴いてもらわないことにはこの「人の巻」も紅梅が美人だった以外にとりたてて筋立てには魅力が無い。すべてが映画法※01のもとでこぢんまりとまとまっている。

討ち入りシーンは無く、15日朝に不破の友達の大工と左官(広沢虎造と柳家金語楼)が川田晴久(地球の〜上に朝がくりゃ〜その裏側は夜だろお〜)のかわら版売りから不破も討ち入りに参加したことを知る。で、幕。


ひじょうにフンワリした、年寄りの世間話みたいな息遣いに満ちた本作は、映画としての出来栄えよりも、生まれた時代背景を察することで存在意義を発揮できる作品。

浪曲が満州事変から日米開戦頃おおいに流行ったと聞くので(要確認)、忠臣蔵もおなじみだから当時の人は面白かったのかもしれないが、同年に公開の「姿三四郎」(黒澤明デビュー作)に比べると現代においては「残らない映画」といったところか。

おとなしくまとまった本作ではあるが、数右衛門/玄蕃/南部坂…という乱暴なパッケージには実は監督の裏メッセージでもあるのかと、構成意図や時代をアレコレ深読みするのも一興。


実は、見たのは戦後(1953)にマキノ雅弘監督の「次郎長三国志第三部 次郎長と石松」と併映された改題&短縮版(を、東宝ビデオがVHSでリリースしたもの)である。オリジナルタイトルは「浪曲忠臣蔵」。スチルを見ると「田村邸の別れ」を確認できるがこの短縮版ではカットされちゃって存在しなかった。

57分作品。オリジナルは73分。なお、改題タイトルにある「元禄あばれ笠」についての意味は映画の内容からは一切不明。


※01…映画法:おちゃらけ、よろめきなどをご法度とした当時の政府のお達し。終戦とともに撤廃。