元禄忠臣蔵

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索
作品概要
制作会社 松竹
公開年度 2006年
内蔵助役 松本幸四郎ほか
評価 2ツ星

歌舞伎で忠臣蔵と言えば「仮名手本忠臣蔵」だが、こっちは史実を元にした真山青果(まやま せいか)原作の新歌舞伎で、長唄やら義太夫(BGM)がほとんどありません。

登場人物は実名で、エピソードも史実に基づき、どの場面もおおいなフィクションを混ぜて構成しながらもいちいち「こんなときはそんな会話もあったろうな」と思わせるリアリティを追っかけながらもドラマチックな芝居。


もとは昭和に作られたものですが、あたしが初めて見たのは国立劇場の開場40周年の全通し公演(内蔵助役には松本幸四郎(9th)、坂田藤十郎(4th)、中村吉右衛門(2nd)のトリプルキャスト)。

いまも各所で上演することが多く、映画版で活躍した前進座さんもかけたりする。

衛生劇場などCSの放送も多い。


イベント中の刃傷事件に右往左往する江戸城から始まる。

それから田村邸>赤穂城に使者>大石内蔵助邸>最後の評定>内蔵助の決心>

撞木町>仇討ちを後押ししたい徳川綱豊卿(ポスト綱吉)>南部坂の別れ>

吉良邸裏門(もう討ち入りはすんでる)>泉岳寺>自首(仙石屋敷)>大石最後の一日

どの場面もおなじみなシーンのようでじつは見たことの無いアプローチ、みたいな独特の味わいがあります。


さて、はじめて見た時、最後の「最後の一日(討ち入り後、四家お預けになったあとの内蔵助の最後の日を描いている。)」が全体を通してみるとエピローグにしてはいやにたっぷりしており、冒頭の内蔵助の登場シーンがいやにもったいぶられてると思ったが、実はこの「元禄忠臣蔵」というのはこの「大石最後の一日」が一番はじめに書かれたそうなんですね。で7年がかりでほかのを書き上げたと言う。

これがシリーズの最初なんだと思ってあらためて「最後の一日」を「単品」として見ると、やっぱチカラ入ってますし、今まで芝居で仮名手本が主流だった時代に、新歌舞伎なんつってこの「最後の一日」が上演された昭和初期の観客の気持ちを探ると(言ってみりゃ仮名手本の十一段目のあと的なエピソードでもありますし)おもしろく、当時としてはやっぱ斬新だったんだったろうなと思った。どのセリフも興味深く聞けるし。ていうか、コレ1本でよくね?と思ったりもします。

おはなしは「全員切腹」という壮絶な末路の直前に、繊細なラブストーリーを持ってきてるのだが、そういうセンスが素晴らしい。ここは泣きます。

きっと「最後の一日」があんまり良かったんでプロデューサーから「ほかも全部書いて」って真山先生は言われたんでしょうなあ。通しでやるなら、時系列じゃなくて、書かれた順っていうのもいいかもです。


各エピソードには派手さが無く、淡々としており、エンタメ度は相当低いです。絢爛さを楽しむ芝居ではなく、かなり好き嫌いは別れるはず。

途方もない長台詞も特徴。しかし、中村吉右衛門によるとどこか刈り込もうとするととたんにバランスが悪くなると、真山先生の仕事の不思議を語っている。

台詞を整理できないとはいえ、たとえば「最後の一日」で礒貝十郎左衛門のフィアンセ・おみのが細川邸に潜入するいきさつを語るシーンでは、顛末を全部彼女の「長台詞」で観客にすべてを理解させようとすることと、それが女形(つまり男性)の金切り声の絶叫で延々とやられることが、こっちの体調いかんで相当キツイことになる(※01)

歌舞伎&仁左衛門ファンの友人伊藤理佐氏が、09年の「歌舞伎座サヨナラ公演」夜の部「南部坂」「仙石屋敷」「最後の一日」の3本立てに出かけて、こうこぼしておりました>「派手なシーンがないのと 幕が何回も降りてセット替えが多いのと三幕目で大石内蔵助が仁左衛門から幸四郎になったのと(笑)で、ちょっと、もう、おなかがいっぱいです。。」…そして昼の部(コレも別の3本立て)に行く予定をキャンセルしたとか。

たしかに、歌舞伎ファンよりも史実ファン向け??


そういう作品。


※01…これは2006年中村雀右衛門(5th)が芝雀だったときの感想。歌舞伎座さよなら公演(2009年)の中村福助(9th)はオーバーアクションながらも、超かわいいおみのを演じてノンストレスだった。見る側の趣味で意見はわかれるところと見ゆる。



余談)2011年9月現在のWikipedia「真山青果」の項目には「1919年新派の座付作家として復活。『元禄太平記』は新歌舞伎の名作といわれる。」と、NHK大河ドラマとタイトルを間違えてる部分がありまする。(<2013年5月に覗いたら修正されてた。)