吉田忠左衛門

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索
役者絵:中村伸郎

吉田忠左衛門【よしだ ちゅうざえもん】…ナンバ−2キャラ。

足軽頭というポストで位が高い。いつもピッタリ大石のそばにいるのでドラマで目立ってる副頭領。


城明け渡しが決まったあと、近国の諸侯が戦争になるんじゃないかといろいろ手配をしたが、三州高松の松平讃岐守の家老・大久保主膳はスパイを人足として赤穂へ派遣する。パトロール中の忠左衛門がすぐ見破り、「見たかったらどうぞ」と城の中を案内してスパイ感激。

「ご姓名は」と聞くと忠左衞門は法号(戒名)を教えた。スパイまた感激。


江戸に出てからは吉良屋敷が呉服橋にあった時分日本橋で占いをやってた。馬喰町在住(講談本)。浪曲では居酒屋経営をし、岡野に絵図面略取を命ずる。

この店「小春屋」は番頭…神崎与五郎、手代…岡野金右衛門、徳利ひろい…矢頭右衛門七、飯炊き…矢田五郎右衛門と、そうそうたるメンバーで構成されている。東映映画が米屋に設定を変えて似たユニットを組んでいる。


討ち入り後、直属の部下である寺坂に各地へのインフォメーションを命じている(新歌舞伎「元禄忠臣蔵」)。


富森と一緒にメンバーを代表して自首している。足軽頭。享年64。

関連項目