四十七人の刺客

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索
作品概要
制作会社 東宝
公開年度 1994年
内蔵助役 高倉健
評価 4ツ星
役者絵:高倉 健

ビジュアル的にクールな撮り方の忠臣蔵。とにかくカッコイイ。

東映の集団抗争時代劇『十三人の刺客』の脚本家・池宮彰一郎の原作。

市川崑監督作品。


全体のムードは「はかりごと」でもいいましょうか、作戦本意の、もうほとんどまったく新しく構成し直した怪作(いい意味で)。

お気の毒な外様大名さんというより、城を無くしてとにかく「ふざけんな、ちくしょう!!」と純粋に怒りに燃えた、野に放たれた狂犬の群れというような「特殊部隊」というイメージの四十七人。


そもそも討入りが「かたきうち」とは言いにくい側面のある作戦なので、武芸をたっとぶお家柄の浅野家を怒らせた。だから暴れた。…という解釈しやすいアプローチは現代人にはわかりやすいと思う。その点本作では人殺しの意義や、吉良を殺す大義名分など、いろいろ現代人に四十七士の見方をレクチャーしてくれているよう。

(聞けば史実でも浪士を預かった細川の殿様も彼らを「忠臣義士」ではなく「勇士」、家来の堀内さんも「戦士」と言ったとか。当時、四十七士を尊んだお武家さん達も戦闘者としての彼らに惚れたのではなかろうか。)


この作品ならではの素材はそうしたアプローチだけにとどまらず、メンバーと上杉家や近衛家の縁戚関係に言及したり、討入り中にケータリング持ってきたりいろいろ目新しい。

また、小道具や、「音」が良い(一部斬殺音が空振りみたいな音のときがあるが…)。


さて、最初のほうで、高倉健の大石内蔵助が劇画から飛び出したようなあまりのカッコよさなので、後半の討ち入りに期待をしちゃうのだが、残念なことに吉良屋敷に妙な仕掛けからくりが多く、おかげでテンポが崩れ(というかずっとリアルだったのに急に作り事っぽくなる転調)、痛快な討ち入りシーンには仕上がっていない。そこに輪を掛けて本作の魅力の「静けさ」が討ち入りにまで保たれちゃって、なんというか、惜しい。

付け加えれば「静かな戦闘シーン」なら中盤の、山科の大石宅における間者との戦闘シーンが圧倒的に良い。


また、討ち入り作戦と四十七士の有様がわかりやすいキャラになってる一方で、ほかの登場人物が画面の中で誰が誰と会ってなにを話をしてるのかビギナーが漫然としてると、ちょっと置いて行かれる(わざわざ話し相手をフルネームで呼んでいても、である)。登場人物の重要性も伝わらないかも。このアレンジの妙を楽しめるほど、現代人には下地が無いのだ。だからカケダシ当時のあたしにとっては最初星ふたつの映画だった。

だが、あるていど「忠臣蔵」のベースが頭に入ってからあらためて観てみると「そうきたか」と愉快に観られる。


高倉健はこの映画を気に入ってるようで、当時のNHKのモリシゲとのトーク番組で「久々にあのシャシンはおもしろかったですねー」と感想を言っている。モリシゲ(千坂兵部役でちょっと出てる)のリアクションは薄かったが、それが不同意によるものか体調によるものかは不明。ことによると観てねえんじゃねえかとも思う。


95年の日本アカデミー賞の優秀作品賞と監督賞を受賞。