女間者

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索

女間者…スパイ。

男臭い「忠臣蔵」に花を添えるリリーフとしてしばしば登場。

柳沢が放ったり、上杉家(千坂兵部または色部)が放ったり、江戸組の浪士が吉良邸に放ったり(「忠臣蔵 花の巻雪の巻」の水野久美/「忠臣蔵 桜花の巻 菊花の巻」のひばり ほか)と、さまざまなキャラクターや設定が作られている。

ぶっちゃけ、登場人物の中でもっともあぶない橋を渡らされ、労働量も尋常ではない。


内蔵助に接近した女間者は、たいがい彼の人望に惚れてしまって任務を遂行できないというのが相場。


忠臣蔵(大映)」「ミフネ版大忠臣蔵」「忠臣蔵ー花に散り雪に散りー」のようにスパイと言えども彼女達のシークエンスがたっぷりオリジナルで用意されてる作品も少なくない(多くもないけど)。

片岡源五右衛門の娘が吉良邸に侵入する「女間者秘聞 赤穂浪士」という作品もある。


大佛次郎の小説「赤穂浪士」には大変よく書けているな美女間者、お仙(千坂側)というキャラが登場し、物語にいいアクセントとなっている。忠臣蔵物語全般に登場する女間者のキャラはこのお仙がお手本になっていると言っても過言ではない。

聡明で運動神経にも長けており、度胸がすごく、カネがある。俯瞰で見ているような立ち位置は右往左往してる男達より「一枚上手」なイメージ。それでいて「もろさ」「家庭の事情」も持っており、ひじょうに使い勝手のよい魅力的な登場人物となっている。

"ゾッとスゴイばかりの美人"という記述にあるように、映像のほうでは「私生活が想像できない」系のヒトがキャスティングされると安心する。そのほうが得体が知れなくミステリアスなのだ。

ヨロキン版・赤穂浪士では、お仙を中島ゆたかが演じたがイメージも存在感も素晴らしく、個人的には現代劇で活躍する彼女よりかなり印象が良い。

たとえば今(H21現在)なら中島美嘉、香椎由宇、黒木メイサ…あたりのを推挙するものであります。


元禄繚乱」などは、お仙をイメージしたような、お順という女スパイが出てくる(原作の『新・忠臣蔵』には出てこないとか?)。血気にはやる浪士たちと、冷めた目で彼らを見るお順のコントラストが印象的で、ある時は保母さんのような高い視点、ある時はオッカケの小娘のような低い視点に自在に変身し、浪士たちを翻弄した。

ただ演じた高岡早紀はしたたかさはあるものの、子供を産んで以降の色気のある最近の彼女ほど「面妖」ではなかった。当時の彼女のような愛嬌のある庶民的な面構えはホッとすることはあってもドキッとすることは無い。

あくまで「化かす」彼女たちはタヌキというより狐のイメージであるべきなのだ。


化かすと言えば「47RONIN」のミズキはほんとうに妖術を使って浅野家を化かし、闘った。演じた菊地凛子はなかなか聡明&妖艶で、正しい演出でした。


峠の群像」(KYON2)、「元禄繚乱」や「あゝ忠臣蔵」では、間者がとしごろの大石主税に接近してオトシにかかる。


関連項目

  • お縫B(吉良邸へ侵入)
  • 紅梅(瑤泉院宅に侵入)
  • お蘭(元は講談のキャラだが知的で腕利きに演出するドラマが少なくない)