宇都宮重兵衛

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索

薩摩の侍。(たいがいそっちのほうの武士ですな)

祇園の往来で眠ってる内蔵助を発見し、「胸中お察し申す」と最初は言ってたが、あんまりリアクションが頼りない上に刀もさびてるので立腹。カーップ!とタンつばを吐きかけて去っていく。

内蔵助は「犬侍と思うてくだされしか。ああ有り難し。このようすでは本懐成就いたすであろう」とひとり喜びおうちに帰る。

近年の忠臣蔵の脚本を一人で請け負ってる古田求先生が、劇中に村上喜剣を登場させるときはこのエピソードで描く。