寺井玄渓

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索

寺井 玄渓【てらい げんけい】…浅野家の医者(浅野藩の藩医。医官。御典医)

基本的には江戸勤務。

若い時(当時の主人は本多出雲守)は放蕩もしたが、長崎でオランダ人について医学の修行をし腕を磨いた。

本多家が断絶になって町医者やってる時に、とんちで意地悪な姑と彼女を毒殺しようとしてた嫁をすっかり仲直りさせた評判が小野寺十内の耳に届き、浅野家に就職が決まる。

お家大変後、大石の東下りの時に同道を申し出たが、医者坊主までメンバーにしたとあっては義党一同の恥辱になると断られるが(高齢なのでかなわなかったとする説もある)、「軍中に医者は必要」とねばったことで、かわりに息子の玄達(げんたつ)が江戸下向に加わる。玄渓は山科のあとしまつを担当。

玄達は討ち入り当夜の傷の手当てに当たった。