山吉新八郎

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索
役者絵:村上弘明

山吉新八郎【やまよし しんぱちろう】…上杉家の家来だが吉良家の付け人。神陰流達人。学は和漢をかね、性質は果断にして磊落。あだ名は鬼山吉。

赤穂義士討ち入りのときに最も活躍したと言われる剣客。


祖先以来の上杉家の家臣。お殿様のお供で江戸に出府した際に吉原芸者のおキンと仲良くなる。それに嫉妬した山谷の吉五郎親分が大勢の子分とともに新八郎に闇討ちを仕掛けるが返り討ちにあってしまう。大勢殺してしまったところに役人が現れ新八郎と番所まで出頭するのしないとのもめる。いくら売られたケンカとはいえ女色のことから吉原土手で大勢斬り殺したとあっては君公の名前にも関わると、その場で切腹を決意したその時、通りかかってたすけてくれたのが、しのび遊びに駕籠に揺られてやってきた吉良上野介であった。

役人「ハッこれは高家の吉良様でございますか!あなた様がお見知りの方とあれば別にさしつかえございませぬ」

それから新八郎はいのちの恩人と吉良様をたいそうありがたく心得ていた。


米沢に帰ったあと、おキンに化けた河童を切り倒し、落とした河童の腕をたんすの引き出しに入れていたが、河童が夜に取りに来たので、妙薬の処方箋と引き替えに腕を返してやった。


そうこうしているうちに元禄十四年、松の廊下事件が起きる。

上杉綱憲親父を心配して家来の中から派遣社員を送る、その中に新八郎もいた。

討ち入りの夜、奮闘もむなしく奥田貞右衛門に後ろから袈裟がけにバラリズンと斬り下げられた。


史実では、槍で突かれたり顔を斬られながらも左兵衛(すでに逃亡)を守ろうと邸内を捜し、進み続け、さらに戦って気絶。しまいにはもう、脇差しは中華鍋を洗う「ささら」のようになっていたと言う。

奇跡的に一命は取り留め、左兵衛が幽閉されてた時も側近をしていたという不死身のあっぱれな人。だけど、あんまりドラマに出てこない。


幸四郎版大忠臣蔵」の村上弘明は色部又四郎の放つスパイとして堀田隼人っぽい(+忍者)活動で大活躍し、クローズアップされていたが、討ち入りの時に反撃むなしくやられちゃう。

最後の忠臣蔵(TV版)」では生き残った寺坂吉右衛門に道ばたで立ち会いを申し込む隻腕の浪人。チャンバラの途中で「気が晴れた」と言って決着はつかない。片腕で刀を鞘におさめずらそうにしてるので吉右衛門が手伝ってくれる。生き残り同士の印象的なエピソード。


ほんとなら左兵衛が死んだあと上杉家にたいそうほめられて召し抱えられる。