忠臣蔵

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索
作品概要
制作会社 フジテレビ
公開年度 1996年
内蔵助役 北大路欣也
評価 3ツ星
役者絵:平田 満

フジテレビ系列の連続ドラマ。

突飛なアイデアも無く、大胆な演出も無く、スピード感があるわけでもなく、非常に無難に話が進む。可もなく不可もない平均点的な優等生的なオーソドックスな草食系忠臣蔵。エアコンがいい感じに効いてる図書館みたいな印象で、食事中でも療養中でも、いつビデオを再生してもカンにさわらない。

あんまりほめてないように聞こえるかもしれないが、連ドラでこうした「退屈しない」ペース配分は意外にむずかしく、昭和時代の作品にはどこかしら中だるみが出てくるものだが、本作品にはそれが無い。


生き残った浪士、寺坂吉右衛門(ここでは内蔵助の家で完全に下男奉公してる)の回想というかかたちで、彼を全体の語り部に配している。

ビギナーが見ると、「ああ忠臣蔵ってこういう話なのか」と理解しやすい。

細かい表現にしても気を遣ってるようで、あえて畳屋に「殿様が俺たちに頭を下げている」と感動させて、時代劇離れしている視聴者には「全部同じちょんまげ」に見える登場人物の上下関係をはっきり説明したり、「私はなんの苦労もなく育ってきて辛抱なんてしたことがないから、吉良さんのあの態度はつらい」と内匠頭にわざわざ説明的にグチらせるなど、見慣れた忠臣蔵的相関関係に新鮮な空気を取り入れて、新しい世代にもわかりやすくアプローチしており、親切。(加筆:あらためて仲代版を見てみたら同じセリフがあったので、特にこの作品の特徴というわけではない。脚本は本作と同じ古田求氏)


本編を「草食系」と感じた理由は、なんなのか。

キャスティングは手堅い。メインの役者は決して淡白ではない。寺坂の寺尾聰や、このあと何度も内蔵助をやる北大路欣也、また、安兵衛の世良公則は友人やネット上の評判もよい。

安兵衛だけの「高田の馬場」エピソードも特別版で用意(*註)されて、これは肉食的に脂ぎっている。おじさんの菅野六郎左衛門を竜 雷太がやってるのだが、まさに先輩ゴリさんとボギー刑事がだぶるので「太陽にほえろ!」ファンにはうれしい七曲署的な高田の馬場である。※註…スペシャル番組が入った関係で放送予定日がずれ、コレだと討ち入りが1月中旬になっちゃうのでこのエピソードだけ連ドラからはずし、別枠で放送されたとか。

清水一学の隆大介もすごく熱量を感じる役者さんだ。隆一学は安兵衛の友人時代は話せるやつで良いキャラになりそうだったが、吉良側に雇われたとたん情け容赦ない冷酷無比なキャラになってしまってつまんない。

吉良の平幹二朗だって決して草食的イメージではない。むしろ歴代の吉良役の中でもそうとうギラギラしてる役者さんだ。(ラスト、上野介の平幹二朗のヅラから地毛みたいのがはみでてるように見えるんだけど、ありゃなんでしょう。)

ちなみにプロデューサー能村庸一氏の談話によると、準備期にスタッフと古い忠臣蔵作品を見てたとき、女性スタッフが「おじいちゃんを、よってたかってかわいそう」とコメントしたと言い、それが本作品の吉良をじゃっかん若めの平幹二郎でキャスティングするきっかけとなったそうだ。


となると、「撮り方」がサラッとしてるのが草食的印象の原因か。良し悪しはともかくそもそもどういうわけか絵ヅラに濃淡がなくサラッとしてる。一枚トレーシングペーパーを添えたかのような。コレが役者の油を吸い取ってる?。

そして衣裳に特別な個性がない。江戸でお勤め中の赤穂藩士は、まるで制服のようにおなじ色味でコーディネートされており、元禄っぽくない。

また、サブに扱われている四十七士はもしも中盤で配役をこっそり取り変えても気づかないような、なんというか、人種的に似た感じのバイプレーヤーが固めている。

で、実は意外に象徴的なんではないかと思うのがタイトルロゴで、筆文字だが、線が細く、スレンダーなのであります(^∇^; )。

要は、全体的にやんわりした、だれも傷つけないムードが草食系なかんじなのかもしれません。


四の五のと申し上げたが、意外にファンが多い作品で、もりいが最初に登場人物を覚えるのに教科書がわりに使った作品。