戸田局

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索
役者絵:梶 芽衣子

戸田局【とだのつぼね】

瑤泉院の側近。


あぐりが内匠頭の死後、瑤泉院となって赤坂南部坂の浅野式部少輔(あさのしきぶしょうゆう)の屋敷に住まうことになって仕えることになる。

ドラマによっては瑤泉院の幼少の時に世話をして、後家さんになって「再会」するというシチュエーションもある(あゝ忠臣蔵)。

おばさんで、キレもの風だが「南部坂雪の別れ」では大石の本心を見抜けなかった。

薙刀(なぎなた)の使い手。

小野寺十内の妹。

このキャラクターは大石瀬左衛門のお母さんの外山局(とやまのつぼね)がモデルと言われている。この人は討ち入りのあとで前・関白 近衛基凞に召し抱えられて外山局という名になった。


南部坂雪の別れ

討ち入りの日、大石内蔵助は事前に赤坂、南部坂の浅野家のお屋敷に未亡人・瑤泉院(ようぜんいん)をいとまごいに訪ねる。が、女中に超あやしい女が混ざってたんで、ここで綿密な計画がパーになっちゃあすべて水の泡だととっさに(血を吐く思いで)嘘をつく。

瑤「今日はなんの用事で?いよいよ?(ワクワク)」

内「あ〜いや、再就職が決まりましたもんですからご挨拶に…」

瑤「えっ。カタキウチしないで別の、別の殿様に仕えるってこと?」

内「やあもう、仲間の人数は減るし、ヤバいんでもうアハハ…」

瑤「帰って」

内「あ、殿様にお線香だけ…」

瑤「帰ってください(TдT#)!」

---すごくいやな空気になって瑤泉院は退席。側近の戸田局

戸「ね、ああ言ってたけど、ほんとはやるんでしょ?」

内「いえ」

戸「じゃ、じゃ、は…?」

内「ああなんか、幇間(たいこもち)になるつってたかな(京都で飴売りというバージョンもある)。あ、そうだコレさっき怒ってたんで渡せなかったんですけど自主制作の歌集です。」

戸「…優雅なことでございますこと。ハイハイお預かりします。あ、お見送りしませんから。これにて」

内蔵助はうそをつきまくって軽蔑されまくって、じゃっかんへこみ気味に屋敷をあとにする。

その夜、女中紅梅が戸田の部屋(とか仏壇の前)に置いてある歌集を盗もうと侵入したところを取り押さえられる。

歌集と言ってたそれは、四十七士の連判状だった。くやむ瑤泉院一同。


関連項目