戸田局

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索
役者絵:梶 芽衣子

戸田局【とだのつぼね】

瑤泉院の側近。


あぐりが内匠頭の死後、瑤泉院となって赤坂南部坂の浅野式部少輔(あさのしきぶしょうゆう)の屋敷に住まうことになって仕えることになる。

ドラマによっては瑤泉院の幼少の時に世話をして、後家さんになって「再会」するというシチュエーションもある(「あゝ忠臣蔵」)。

おばさんで、キレもの風だが「南部坂雪の別れ」では大石の本心を見抜けなかった。


薙刀(なぎなた)の使い手。


小野寺十内の妹。


このキャラクターは大石瀬左衛門のお母さんの外山局(とやまのつぼね)がモデルと言われている。この人は討ち入りのあとで前・関白 近衛基凞に召し抱えられて外山局という名になった。


関連項目