日曜劇場 女たちの忠臣蔵〜いのち燃ゆる時〜

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索
作品概要
制作会社 TBS
公開年度 1979年
内蔵助役 宇津井健
評価 4ツ星
役者絵:岡本信人

橋田壽賀子ドラマ。

忠臣蔵に登場するキャラにまつわる女性(ほとんど架空)に焦点を当てたテレビサイズのスピン・オフ。

視聴率42.8%!

浪士にまつわる人々のサイドストーリー。身分を隠して大志にまっしぐらの人間とつきあった女達は、浪士が本懐を遂げたあと、どんな思いを…。

いまだに明治座でお芝居やってます。


そつがない。おなじみの題材を使ってフィクションを作るというのは脚本家のアレンジの腕の見せ所。

「忠臣蔵」というドラマのどこの部分が日本人の琴線に触れてるのかを掌握し、キープしながら新しいフィクションを作っている。根本がわかってないとこういう脚本は書けない。こりゃ、プロの仕事です。

たとえば天野屋利兵衛のエピソードを渥美清(※注)演じる刀研ぎ師の江戸っ子親子に置き換えて描いているが、泣けた。もともと大衆は町人が活躍して役人をへこます話が好きだ。吉良側のやとわれ侍を敵にしてそういうエッセンスをうまく取り入れてる。

また、討ち入り後松平家のお屋敷に軟禁(拘留?)されてる岡野金右衛門が塀のこっちとむこうでカノジョと鼓(つづみ)のセッションをする場面はセットのしょぼさをも超えて美しく、涙が止まらない。四家お預け後のこうしたエピソードなら、ほんとは磯貝のほうがよかったんじゃないかとも思うが、岡野の恋は「色仕掛け」ではなかった証明をどっかでしてほしいと思うファンの気持ちをよくわかっている。


いろんなバリエーションの「女」のいきざまをカッコよく見せたアンサンブル・プレイ作品。


ともかく、これでもかと女優をふんだんに一堂に会し、コレも見応えがある。


大胆な創作はありますが、そもそも仮名手本忠臣蔵をはじめ浪曲も講談も怪談も腕利き作家の創作なわけで。忠臣蔵はみんなのドラマ。面白きゃ何でもアリです。サブのキャラを膨らませれば膨らますほど討ち入り後がドラマチックになるんだという「仕掛け」をうまく利用している。


意外に討ち入りシーンが迫力あり。


んま、サイドストーリーであって忠臣蔵じゃないから、遠慮して星4っつ。


(※注)まっったくの余談だが、渥美清主演の映画「男はつらいよ」シリーズの冒頭の夢のシーンには「忠臣蔵」はありそうで無い(のはず。と思う)。

しかし19作目「男はつらいよ 寅次郎と殿様」の中で、愛媛は大洲の殿様・嵐寛寿郎が使用人の三木のり平に刃傷におよぼうとするシーンで寅さんがアラカンを「殿中でござるぞ!」とうしろから抱きとめるシーンがある。アラカンは「武士の情け!お離しくだされ!おのれ上野介!」のり平は「お出会いめされ!殿ご乱心でござるぞ!」と言いながら部屋を出て「宮使えはつらいね」とこぼす。


ちなみに17作目「男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け」では桜井センリ演じる播州龍野の観光課長が市内観光中、寅さんに「この通りが忠臣蔵で有名な山崎街道です」という場面がある。

本作には1作目からちょいちょい出てくる「浅野内匠頭じゃなけど腹切ったつもり」という啖呵売シーンもある。


石井ふく子プロデュースのTBS忠臣蔵女ドラマ