松原多仲

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索
役者絵:遠藤太津朗


松原多仲【まつばら たちゅう】…吉良家の家来。


わりといつも上野介のそばにいて鷺坂伴内みたいな存在感でなにかと切り回す映画がある。

鷺坂同様、吉良の側用人となるとたいがいマヌケに表現される。

しばしば吉良邸に女中として潜入した浪士側の女間者の美貌に魅せられ、彼女の怪しい行動もかばい立てするなどのヒイキをするので浪士にとって都合のいいキャラ。


映画「忠臣蔵 花の巻雪の巻」(東宝)では千坂兵部が病気になったあと、吉良家で家老格に出世して、警備を200人にすると張り切ってる。…という話をスパイで吉良家に入ってる潮田又之丞の妹がメンバーに報告するシーンがございます。

小説「赤穂浪士」に出てくるので、これの映像版には登場する。

赤穂浪士(テレビ朝日)では、コミカルな俳優さんではなく、悪役が多い戸浦六宏が演じた。