毛利小平太

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索
役者絵:忍成修吾

毛利小平太【もうり こへいた】…ドタキャン脱盟。

吉良邸の使用人にまでなって目覚ましい働きをし、家の中のこともよく知ってて信頼されてたのに「よんどころなき事情」でこっそり当日ドタキャン脱盟。

脱盟の理由がはっきりしないからか、ドラマではあつかいやすい脱盟者キャラとしてしばしば名前が出るが、たいがいは、たいへん忠義に働いてメンバーの役に立つように演出される。

その上で、どういう「やむにやまれぬ」脱盟事情を用意するかが脚本家の腕の見せ所。


忠臣蔵 花の巻・雪の巻 (松竹)では鶴田浩二が演じ、お城の先輩(逐電する不忠キャラ)の娘と恋仲だがこの娘がお父さんから肺病をもらっており、鶴田浩二にも病気が感染。内蔵助が京都でねばってる上方の長分別の間に病気は悪化し、血反吐を吐いてぶっ倒れ、討ち入り当日に這うように出かけるが吉良訂表門のそばで絶命する。。

幸四郎版では吉良邸の出入り業者の奉公人となり潜入捜査で活躍し、店の娘とも祝言をするまでにいたるが討ち入り当日に夜盗の襲撃に遭い犬死に。石原良純演じる小平太は「太陽にほえろ!」の殉職を連想させる、まるっきり関係ないいきさつで無情に死に至らしめられるやりきれない運命が良かった。

瑤泉院の陰謀明治座公演では「絵図面取り」の役どころで岡野金右衛門的に扱われる。岡野金右衛門の場合は討ち入りにいっちゃうので悲恋になるが、小平太なら脱盟者なのでお艶夫婦になれる。

松平健版」でも病気。「ゲキレンジャー」では臨獣ムコウアに殺されている

あゝ忠臣蔵」では吉良が呉服橋に住んでたときに潜伏し、こんど本所に引っ越すと言うことを突き止めたあと、奥さんと一緒にどこかへ逃げていくという、最初の脱盟者として描かれていた。


昭和62年(1987年)テレ朝の「忠臣蔵異聞 生きていた吉良上野介」では川谷拓三が演じ、討ち取った上野介がニセモノだったという「後日談」の主役を張っている。


最後の脱盟者。


関連作品

四十八人目(松竹キネマ)1936

忠臣蔵異聞 生きていた吉良上野介(テレ朝)1987