潮田又之丞

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索
役者絵:荒勢永英

潮田又之丞【うしおだ またのじょう】…中村とともに大石の部下。

なにげに開城から討ち入りくらいまで、内蔵助のお供をしていろいろ働いてる人。


この人も元禄14年9月下旬に江戸急進派を鎮撫しに原惣右衛門、中村勘助、大高源五らとともに江戸へ下向したものの、逆に丸め込まれたクチ。

江戸での彼のエピソードは講談でアレンジされ、むかし姫路でお勤めしてた頃の知り合いの船宿に就職いたということになっている。

「サムライ言葉じゃ船頭は勤まりませんぜ」

「ぞんざいな言葉も出来るぞ。エヘン、土手っ腹に風穴を空けて鰹節ぶち込んで猫をけしかけるぞ!」

「わ、わかりました。合格」

又之丞の船でしばしば船上会議が開かれた。


一方でこんなエピソードも。

車力(しゃりき:肉体労働者)をして吉良家の造園に紛れ込んだが、ウロウロしてるところを家来の真貝弥七郎に見つかって殴られるが車力仲間に助けられる。

その因縁で討ち入りのときに真貝と一騎打ちをする。斬られた真貝は「これは心外、心外」とだじゃれを言ってるところをとどめを刺される(講談)。

講談、浪曲では真貝弥七郎と戦ってるが、実際は清水一学に致命的な一槍をのどにブッ刺した人と伝えられる。


医学に詳しいという説もある(三味保童園の秘法を知っていた<ってなにそれ)。


「二十四時(じゅうにとき)忠臣蔵」という歌舞伎では小汐田又之丞(おしおだまたのじょう)というキャラで登場し、鳥目を患ったホームレスとして描かれている。医学に詳しいどころか、敵役・民谷伊右衛門の家に伝わる秘伝の薬をほしがるといういきさつ。


史実では引き揚げの時に上野介の首を槍先にくくってかついで歩いたと伝えられる。

享年35。


役者絵は「必殺忠臣蔵」の荒勢。

おなかの模様は家紋の「丸の内に三引」ってのだと思うんですけど、潮田さんは「三ツ九曜」って本にあったんで間違いだと思ってたんですが、「昔の人はいくつも家紋を持ってたようですよ。」と泉岳寺の土産物屋・小泉義士堂のご主人が言ってました。そこで買った「赤穂義士家紋帳」には両方載ってました。


関連項目