色部又四郎

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索
役者絵:松平健

色部又四郎【いろべ またしろう】…吉良家の参謀だが主君(親分)は上杉綱憲


映画によっては柳沢と仲良く何やら結託してる表現も見られる(「赤穂城断絶」「四十七人の刺客」など)。


吉良上野介を助けるために出兵しようとする上杉綱憲(主君)を押しとどめる役などで出てくるが、千坂兵部(忠臣蔵では、討ち入りの時に千坂か色部のどっちかが登場し、綱憲の行く手を阻むことになっている)と同様、興奮する綱憲に対して腕を大きく広げて通せんぼするのがスタンダードだが、「編笠十兵衛」では馬の乗った綱憲の前で切腹をして「上杉家のために、行かないでください」と訴える。

峠の群像」では上杉勢は珍しく兵を整えて、色部は綱憲に「とのっ」と槍を手渡している。しかし間に合わないとわかるや、綱憲のほうから「わしが動けば広島の浅野本家も動く。上杉の家を守らねばならんっ」と断腸の思いで自ら出陣をあきらめる。綱憲をけしかけた色部を演じるたは藤岡重慶(丹下段平)。


実際にはこの時、色部は実父の忌日で上杉家に出仕してなかったとか。


色部図書

関連項目