荻生徂徠

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索
役者絵:岸田 森

荻生徂徠【おぎゅう そらい】…柳沢に仕えた儒学者。

討ち入り後、助命論を唱える学者が多い中「切腹のほうが法は曲げないし、彼らも本懐だろう」と唱えた。


わかいころ、豆腐屋七兵衛さんの差し入れで食いつないで勉強に励み「おから先生」とあだ名された。「この世に豆腐くらいうまいものは無い。第一価が安い。それに皮をむく世話も無ければ骨が無い。」「あたりまえですよ。」(浪曲「徂徠豆腐」。)

後年、徂徠出世してからのこと、七兵衛さんが火事で焼けだされたので彼は建て替え資金を工面してやる。七「赤穂浪士もえれえが、先生もえれえや。あっしらのために自腹を切って下さった」(落語「徂徠豆腐」噺家によっては赤穂事件にのくだりをバッサリカットしてただの出世話にアレンジする師匠もいる。)

彼を題材にした講談もある(ていうか、それが上記のオリジナル)。


何日の世も

情こそ人の心の鏡と言う


アドバイザーはほかに林大学頭(だいがくのかみ〜林 鳳岡はやし ほうこう〜)。<こっちは助命論を唱えた幕府のアドバイザー。

決定的なアドバイザーは公弁法親王(公辨法親王:こうべんほうしんのう)by『徳川実紀』。