赤穂義士(大映)

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索
作品概要
制作会社 大映
公開年度 1954年
内蔵助役 進藤英太郎
評価 2ツ星


浪曲で綴る忠臣蔵。

映画の冒頭に浪曲師さんが4人出てきてこちらに向かってまずご挨拶。めいっぱい浪曲が楽しめるのかしらと思うと、刃傷〜切腹のあと、なじみのない不破数右衛門の夫婦の悲話が始まる。(忠臣蔵映画は基本的に数エピソードのオムニバス)

なじみがないのはあたしが浅学なだけで、不破夫婦は仲良しで、不破は討ち入りメンバーに入れてもらいたがって、病気の奥さんが足手まといにならないように自害しちゃって、…みたいなエピソードは同じく50年代のまんがにもあったので、あるのです。そもそもそういう内容の浪曲がかかってるし。

そのあとは「絵図面取り」のエピソード。


内蔵助の影が薄く、その不破の話と絵図面がメイン。


あたしには俳優さんのメンツになじみが薄い。内匠頭の黒川弥太郎と進藤英太郎以外には、知ってる俳優さんといえば、大工の棟梁やってる清水元=「用心棒」で殺されたときすげー血が出るんだけど暗くて見えない、or「ニッポン無責任時代」の黒幕の社長の。あと数右衛門の奥さんに「犬神家の一族76」の三姉妹の竹子の三条美紀。あとは全部知らない俳優さん。


このあと、3年後に東映が同じタイトルでやっぱり浪曲忠臣蔵がある。