12時間超ワイドドラマ 大忠臣蔵

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索
作品概要
制作会社 テレビ東京
公開年度 1989年
内蔵助役 松本幸四郎
評価 3ツ星
役者絵:松本竜介

ところどころ入る城達也のナレーションがウソもホントも説得力たっぷりに語ってくれる。

森村誠一の原作がそうなのか、いろいろ目新しく、面白い作品。

<以下ネタバレ>

日食にはじまり、江戸の藩士の火消しエピソード、朝廷の使者の前で具体的に赤っ恥をかかされる内匠頭大野九郎兵衛の扱い。山吉新八郎の存在感。吉良家の用人と上杉家の派遣社員との関係。吉良側の「浪士仲間割れさせ作戦」。幸四郎内蔵助は京都の遊興(めくら鬼ばかりでなく、複数の花魁の股の下を匍匐前進する遊びも出てくる)をしみじみ「楽しかった…楽しかった…忘れられん」と振り返る。討ち入りの際出てくる浪士たちによる「ののしり誘導作戦」。吉良(芦田紳介)は高家筆頭肝煎の面目を守り最終的に切腹。墓前にむき出しの生首。お預けの屋敷の内と外による凧揚げ(泣かせる)。眉毛が薄くアイシャドウが濃い内蔵助etc..と、さまざまなオリジナリティで12時間をおもしろくしようと工夫をしている。

定石通りじゃないシークエンスが細かく色々あるので、目が離せない、というか油断が出来ない。

よく本サイトに於いて、低く評価をした作品に対して「遊びがない」と批判することがあるが、所謂「遊び」とはこういう事じゃないのかな、と思います。


展開がリズミカルで見ていて心地よく、中だるみも少なく、人気番組に恵まれる夜明け前の12チャンネルにしては「開局25周年」ということで相当がんばってるかんじがする。

サイドストーリーの、それも旅にちなんだ「神崎東下り」など講談の要素に着目しており、特に松本幸四郎の内蔵助と片岡仁左衛門の垣見五郎兵衛の「東下り」シークエンスは理想的な間合いやアレンジで(旅籠の廊下まで、あんぽつ駕籠で入ってくる凝った演出)たいへん結構。


田中貞四郎萱野三平高田郡兵衛毛利小平太ら、脱盟者の各エピソードが豊かに膨らまされているのも特徴。こころざし半ばで死んでいった脱盟者たちの討ち入りの姿を、死にゆく断末魔の毛利小平太(史実的にも最後の脱盟者)の幻覚に見せるというオリジナリティがある構成は秀逸。


気になる点といえば、大事な屋内セットがいやに狭かったり、コメディリリーフが松本竜介ひとりで、彼のおとぼけはカノジョにつねられて顔をヨリ目にするくらいのサービスだったり(ラスト近くに原哲男が出てくるがなにもふざけない)。

また、若い登場人物に薹(とう)が立った(でも有名人)役者が無理くりキャスティングされてたり、比較的メインのキャラクターを見たこともない役者が演じてたりする部分。

それらさえ鼻につかなければかなり見応えある12時間。

個人的には最初、配役にはだいぶ違和感があった。いろんな分野の人が一堂に会すのも忠臣蔵ドラマの醍醐味には違いないのだが、ふつうはそれがうまくいくと「役者の花畑」的な華やかさになるのだが、「岩下志麻」「松本竜介」「立花理沙」「松本幸四郎」「知らない人」という、闇鍋みたいな、具が打ち解けないハーモニーにはセンスが感じられず、そのためなのかなんなのか、どうも幸四郎の内蔵助も、もうひとつ映えず影が薄くなり、出番じゃないときの彼の残像の無さもけっこう気になった。(ことによると幸四郎が垢抜けて都会的すぎて内蔵助役に合ってないのかも?)


案外人気の高い昭和最後のテレビ版忠臣蔵。ヤフオクでビデオ(全6巻)が入手しやすい。