PARCO歌舞伎 決闘!高田馬場

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索
作品概要
制作会社 松竹
公開年度 2006年
内蔵助役 ---
評価 4ツ星


市川染五郎(7th)主演の三谷幸喜、作・演出の舞台。

中山安兵衛を物語るのに必要な要素がちゃんとふくらまされてて、なによりずっと笑いながら見ていられるのはさすが。

キャラクターも豊か。

染五郎がものすごく働いている。

早変わり(すごいし、おもしろい)だとか、かわいい動物とか、殺陣(たて)も、歌舞伎っぽい楽しい演出、効果がたくさんに入ってる。いつもは内容で見せる(動かない)イメージの三谷幸喜の舞台だが、本作品はばかばかしい仕掛け(せりやブレヒトカーテンなど)もあって、すごくエンターテインメントしている。

見せ場では「高麗屋!」と声をかけたくなる。もちろんPARCOの客は一人もそういうことはしない。(とはいえ歌舞伎に暗い客たちばかりではなさそう)

老いも若きも歌舞伎役者(亀治郎とか勘太郎とかすごい若手メンバー)が自由に演技をふくらませて「歌舞伎」的な要素を入れて工夫しているが、三谷脚本・演出との間に違和感が無く、おかげで看板に「歌舞伎」とうたった責任はまっとうされてるし、おもしろいし、結果なにもかもいい具合に仕上がってる。副音声のコメンタリーを聞くと三谷幸喜もそこらヘンはまかせてて満足してる様子。三谷幸喜がコメンタリーでお気に入りを表明してたおばあさんウメの市村萬次郎は2年後の「ザ・マジックアワー」にすごくいい役で出てる。

鳴りものさん(生バンド)も協力的だし、歌舞伎を見たことない人がコレ見て、本家に行ってみようと思ったらそれもいいなあと思います。いい意味で三谷幸喜が助けられてる作品。


しかしDVD、6,800円は高い!売る気無いだろ!