奥田貞右衛門

提供: Kusupedia
2009年7月4日 (土) 00:56時点におけるKusuo (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索


奥田貞右衛門【おくだ さだえもん】…医者キャラ。

急進派の中心、孫太夫の娘の旦那。さらに近松勘六の異母弟。


実家が医者で学問があったのでニセ医者として吉良の動静を探る。年が若いので患者がつかず、流行らなかった。偽名、西村丹下。

元禄十五年極月に押し迫ったとき、妻のときが8日に出産。お七夜にあたる討ち入りの日「雪も降ってるし、清く長く栄えるように」と老い先を祝して赤ちゃんを「清八」と名付けた。清八を抱き上げ心の中で「未だ東も西も知らぬその方であるが、いま父の言うことをよく聞き置けよ。散ればこそ花も花なれ…もののふは死に遅れざるのが第一であるぞ」と申し聞け、おときに「病家先まで行ってくる」と言って雪の中を出かけていった。向かったのはみんなが集まる安兵衛のところ。

大家・搗米屋(つきごめや)佐兵衛が討ち入りパレードの中に奥田親子を見つけ、おときに知らせる騒ぎとなり、清八は清十郎と名を改め、時の老中秋元但馬守(あきもとたじまのかみ)に母もろとも引き取られた。


史実では遺児となる1才の息子のために「脇差しが高く売れるはずだから、なんかの時は売ってくれ」と遺書を残しているそうです。


享年26。

関連項目