差分

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索

峠の群像

21 バイト追加, 2020年5月14日 (木)
編集の要約なし
== 画期的な作品 ==
忠臣蔵がキライというヒトの中には「出てくる人がみんな立派すぎる」という点を上げる人がいる。深作欣二監督などもそう言ってた<small>(出典:失念)(出典:キネマ旬報1994 NO.1145)</small>。
この「峠の群像」は登場人物がひじょうに人間くさく描かれており、それらしいエピソードや人物描写で物語を構成することにより、どんな人だって正しいときや間違ってるときはあらぁな。というスタンスをつらぬきながら「とりたてて立派なわけではない」ヒトたちが、それぞれ思い思いの目的で、最終的に討ち入りという目標に向かってどんどんまとまっていく忠臣蔵を完成させた。まさに画期的と言っていい傑作。

案内メニュー