差分

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索

神崎与五郎

212 バイト追加, 2022年5月9日 (月)
編集の要約なし
[[画像:Kanzaki.jpg|thumb|役者絵:本田博太郎]]
 [[画像:Kan nin.jpg|thumb|プラモデル「詫び証文」プラモデル「詫び証文」 ]] 
[[Category:四十七士|かんさきよころう]]
[[Category:俳諧三羽がらす|かんさきよころう]]
* [http://blog.kusuya.net/?day=20170929 忠臣蔵ブログ「はこね忠臣蔵」]
 
== 神崎与五郎の堪忍袋 ==
[[画像:IMG 6375.JPG|thumb|「箱根旧街道休憩所」の展示]]
改易後「吉良邸の絵図面を手に入れよ」とか「この書状を江戸へ」という密命を内蔵助から受け江戸へ。
教訓「'''大きな志を持った者は、ささいな恥辱を意に介さない'''」
 
 
<gallery>
画像:IMG 6375.JPG|thumb|「箱根旧街道休憩所」展示
</gallery>
== 矢作の鎌腹(千崎弥五郎名義) ==
[[画像:05.jpg|thumb|誠忠画鑑より。]]<歌舞伎版>
百姓・矢作が日頃お世話になってる地元の代官が隣村の代官の娘に矢作の弟・千崎弥五郎(<歌舞伎であつかわれる際の神崎の名前)を欲しがるんで、申し分無い縁談と引き受けてしまう。
銃声と胸騒ぎに戻った弥五郎は戸惑いながらも兄・矢作を介錯する。(歌舞伎)
以上が歌舞伎の中村吉右衛門家のベスト10(秀山十種)の「矢作」だが、講談の「矢作」がある。以上が歌舞伎の中村吉右衛門家のベスト10(秀山十種:しゅうざんじゅっしゅ)の「矢作」(1791年初演「いろは仮名四十七訓」の一場面)だが、講談の「矢作」がある。 
映画「[[誉れの陣太鼓]]」(57 東映)では講談版を映像化している。
 
 
<gallery>
画像:yasaku_kokugeki.jpg|thumb|2013年公演より。
画像:05.jpg|thumb|誠忠画鑑より。
</gallery>

案内メニュー