差分

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索

浅野内匠頭

586 バイト追加, 2021年2月5日 (金)
編集の要約なし
赤穂領主。
清廉無私、謹厳実直でクソがつくほどマジメキャラ。カタブツで、殿様なのに側室(愛人)がいない愛妻家で、映画やドラマではしばしば清廉無私、謹厳実直でクソがつくほどマジメキャラ。カタブツで、殿様なのに側室(愛人)がいない愛妻家。映画やドラマではしばしば[[阿久里/瑤泉院|奥さん]]の琴の演奏を聴くのが大好きという演出がなされる(「[[赤穂城/続赤穂城|赤穂城]]」「[[忠臣蔵 花の巻雪の巻]]」「[[新春ワイド時代劇 忠臣蔵−決断の時|決断の時]]」など)。
赤穂の、とあるタクシーの運転手さん(大阪出身)は「嫁はんより小姓を愛しはったんですなあ」とゲイ(江戸時代の衆道はあたりまえ)だったと主張。赤穂の、とあるタクシーの運転手さん(大阪出身)は「嫁はんより小姓を愛しはったんですなあ」とゲイだったと主張(江戸時代の衆道はあたりまえ)。 アンチ忠臣蔵の人が引き合いに出す「土芥寇讎記」(どかい こうしゅうき:各大名の報告書)では長矩を「女好き」としているがもりい個人は、公儀隠密スパイが書いたとされるこの評価ブックを信用しておりません。
刃傷事件前はたいがいのドラマで部下が浅野に「何事もご忍耐第一に!」と心配してくれている。
(実際は地元の水道工事や京都御所 紫宸殿の建て直しにたいへん散在して、裕福どころか天守も建てられないほど嚢中はさみしかったとか。足袋もツギハギだらけの倹約家。)紫宸殿の建て直しにたいへん散在して、裕福どころか天守も建てられないほど嚢中はさみしかったとか。足袋もツギのあたった倹約家。)
ドラマなどで大げさにクローズアップされることが少ないが、そもそも戦国時代は豊臣秀吉と縁続きな上、ブレーンの筆頭だったたけだけしい家柄で、「辱められるならやっちまえ」という山鹿素行先生の教え(?)も助けて「喧嘩上等」の姿勢なのではなかったかとも推測される。ドラマなどで大げさにクローズアップされることが少ないが、そもそも戦国時代は豊臣秀吉と縁続きな上、ブレーンの筆頭だったたけだけしい家柄で、「辱められるならやっちまえ」という山鹿素行先生の教え(要確認)も助けて「喧嘩上等」の姿勢なのではなかったかとも推測される。
内匠頭は一代で江戸城警備、消防隊(<市民に好評の仕事ぶりだった)、普請の手伝い、任期中に二回の饗応役(かなりレアとか?)など、幕府からいっぱい御用を言いつけられており、なかなか大変だったとお見受けいたします。'''謎が多いおかげで、そこを各世代の作家が劇中において「どうしてこうなった」を解釈し描き、討ち入りを爽快なクライマックスに持って行くことの腕比べが「忠臣蔵」の面白みのひとつといえる。'''   ちなみに内匠頭は一代で江戸城警備、消防隊(<市民に好評の仕事ぶりだった)、普請の手伝い、任期中に二回の饗応役(かなりレアとか?)など、幕府からいっぱい御用を言いつけられており、なかなか大変だったとお見受けいたします。
カネのかかる用事をさんざん言いつけられたのも、豊臣系の浅野家をこころよく思ってない徳川幕府(<小藩取り潰しにも躍起)のいじわると考えられる?(でも秀吉死後は家康と仲良しだったそうだが…)

案内メニュー