差分

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索

吉良上野介

363 バイト追加, 2019年7月9日 (火)
編集の要約なし
天皇の使者を江戸城で接待するイベントのリーダーだった。皇室からの使者を江戸城で接待するイベントのリーダーだった。
イベント係の部下、浅野内匠頭からうらまれ、斬りつけられる。吉良のイジメが原因とされている。
実際に欲深さと横柄さには定評のあった人だそうで、親戚関係の津軽公の家来も吉良の態度にブチ切れて殺そうとした過去もあるとか。
三田村鳶魚のインタビュー著書には実際に幕末にご馳走役を務めた殿様のスタッフ(家老)の気が変になっちゃったナマ証言が残っているそうで、高家の陰湿なコミュニケーションはもう伝統化していた?三田村鳶魚のインタビュー著書には実際に幕末にご馳走役を務めた殿様のスタッフ(家老)の気が変になっちゃったナマ証言が残っているそうで(要出典)、高家の陰湿なコミュニケーションはもう伝統化していた?
ゴダイゴ楠木正成は、吉良の先祖・足利尊氏に敗けちゃうんですな。その後も南朝軍はコテンパン。
いろいろあって南北朝は和睦するが、元禄時代になって、藤原氏系(後醍醐天皇のお母さんの家系)の大石内蔵助が、足利系吉良家を断絶するきっかけを作り、明治時代になって明治天皇(ゴダイゴ系)は泉岳寺にことづけ(勅書)で「大石内蔵助たちは義士だ!」とエールを送りお金をくれたりしました。いろいろあって南北朝は和睦するが、元禄時代になって、藤原氏系(後醍醐天皇のお母さんの家系)の大石内蔵助が、足利系吉良家を断絶するきっかけを作り、明治時代になって明治天皇は泉岳寺にことづけ(勅書)で「大石内蔵助たちは義士だ!」とエールを送りお金をくれたりしました。
どうやりゃいいかわからないけど歴史ミステリーをこしらえられそうな面白い因縁です。
== 関連作品 ==
<吉良が主人公の作品>
* [[イヌの仇討ちイヌの仇討]](こまつ座)〜井上ひさし〜1988
* [[梅沢武生劇団の忠臣蔵]](梅沢武生劇団)〜大衆演劇〜1990
* [[吉良ですが、なにか?]](本多劇場)〜三谷幸喜〜2014
 
 
 
== 忠臣蔵ぶろぐ(講演と吉良町観光) ==
 
*[http://blog.kusuya.net/?day=20181218 トークショー記録「ステキなワル役 吉良上野介」]
 
*[http://blog.kusuya.net/?eid=984 「きら忠臣蔵(1)」]
*[http://blog.kusuya.net/?eid=986 「きら忠臣蔵(2)」]
*[http://blog.kusuya.net/?eid=987 「きら忠臣蔵(3)」]

案内メニュー