「元禄繚乱」の版間の差分

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索
 
(同じ利用者による、間の9版が非表示)
1行目: 1行目:
{{Cinema|制作=NHK|公開=1999|内蔵助=中村勘三郎|星=4|頃=}}
+
{{Cinema|制作=NHK|公開=1999|内蔵助=中村勘九郎5th|星=4|頃=}}
 
[[画像:kannzabu2.jpg|thumb|役者絵:中村勘三郎]]
 
[[画像:kannzabu2.jpg|thumb|役者絵:中村勘三郎]]
 +
[[画像:Ryoran watayasan.jpg|thumb|放送当時のポスター(赤穂・わたやさんにて)]]
  
NHK大河ドラマ。
+
NHK大河ドラマ。原作・舟橋聖一。
  
1年かけてゆっくりほうぼうの事情を説明してくれて、素人が「[[元禄赤穂事件]]」を知るにはいいドラマ。自分も忠臣蔵にくわしくない時期に本作品を連続してみることでたいへん勉強になりました。
+
松の廊下事件よりずっと前、[[徳川綱吉|綱吉]]が将軍になる前、[[浅野内匠頭|内匠頭]]が結婚するずっと前からお話はスタートする。
  
作品に独特の魅力があり、当時忠臣蔵にハマッていたわけでもないのにあたしはこの作品をオン・タイムで見て毎週録画していた。
+
そして1年がかりの放送でゆっくりほうぼうの事情を説明してくれて、素人が「[[元禄赤穂事件]]」を知るにはいいドラマ。自分も忠臣蔵にくわしくない時期に本作品を連続してみることでたいへん勉強になりました。
 +
 
 +
作品に独特の魅力があり、当時忠臣蔵にハマッていたわけでもないのにあたしはこの作品をオン・タイムで見て毎週録画していた。ハマるきっかけと言ってもいいかもな作品。
  
  
 
登場人物の、おのおのの「立場」を丁寧に脚色してるので不義士とか悪役、というこれまでの偏ったニュアンスが各キャラから消えている。
 
登場人物の、おのおのの「立場」を丁寧に脚色してるので不義士とか悪役、というこれまでの偏ったニュアンスが各キャラから消えている。
  
そもそも配役がひじょうにイメージに合ってる。
+
これには配役も貢献してると思う。
  
まず中村勘三郎が[[大石内蔵助]]をいいバランスで演じている。これまではいつもドスを利かせてこの役だけ時代劇がかって浮いていたが、勘三郎の演技は肩の力が抜けており、池波正太郎作品とか読んでると、本気になるとコワイが普段は昼行灯というイメージが彼に近い。(余談だが、東大の史料編纂所にある、大石内蔵助そっくりに作ったという人形は勘三郎に似ている)
+
まず中村勘三郎(<18th。当時勘九郎)が[[大石内蔵助]]をいいバランスで演じている。ほかの忠臣蔵作品では各役者が立派な人柄で演じていたが、勘三郎は持ち前の器用さで内蔵助像を「実直ではあるが色を好むチャラい軽妙な小男キャラ」として完成させている。(実際は脚本家と険悪だったと聴きます。)。
 +
 
 +
そもそも池波正太郎作品とかに出てくるイメージが勘三郎に近い(個人的意見)し、ちなみに東大の史料編纂所にある、大石内蔵助そっくりに作ったという人形は勘三郎に似ている。
  
 
東山紀之の[[浅野内匠頭]]も頭が堅そうで良かったし、いろいろ博学で実際はそんなにやさしくなさそうな石坂浩二が[[吉良上野介|吉良]]で合ってたし。阿部寛の[[堀部安兵衛|安兵衛]]も、宮沢りえの[[阿久里/瑤泉院|あぐり]]も、辰巳琢郎の[[大高源五]]なんかにいたるまでよかった。役者当人のキャラをうまく利用している。
 
東山紀之の[[浅野内匠頭]]も頭が堅そうで良かったし、いろいろ博学で実際はそんなにやさしくなさそうな石坂浩二が[[吉良上野介|吉良]]で合ってたし。阿部寛の[[堀部安兵衛|安兵衛]]も、宮沢りえの[[阿久里/瑤泉院|あぐり]]も、辰巳琢郎の[[大高源五]]なんかにいたるまでよかった。役者当人のキャラをうまく利用している。
 +
これを見た以降、忠臣蔵キャラをこの番組の配役でイメージすることが多い。
  
これを見た以降、忠臣蔵キャラをこの番組の配役でイメージすることが多い。そこへお笑い芸人や元AV女優、大石内蔵助の子孫まで出演して作品の色を添えてひじょうに楽しい。
+
そこへお笑い芸人や元AV女優、大石内蔵助の子孫まで出演して作品の色をまさに「繚乱」なイメージに仕上げている。
 
 
講話的な「忠臣蔵」エピソードをほとんど扱っていないにもかかわらず、キャラクターが生き生きしてるので、結果まさに「繚乱」なイメージに仕上がっている。
 
  
  
28行目: 32行目:
 
で!こともあろうに吉田栄作は[[寺坂吉右衛門]]とメンバー交替して討ち入りに参加する。だからこのドラマの四十七士は正式メンバーではない。'''それはやっちゃダメ'''でしょう〜。
 
で!こともあろうに吉田栄作は[[寺坂吉右衛門]]とメンバー交替して討ち入りに参加する。だからこのドラマの四十七士は正式メンバーではない。'''それはやっちゃダメ'''でしょう〜。
  
中盤で内蔵助が思い出を振り返る「プチ総集編」があったのもじゃっかんさめた。
+
中盤で内蔵助が思い出をVTRで振り返る「プチ総集編」があったのもじゃっかんさめた。
 +
 
 +
 
 +
<div class="thumb tleft">
 +
<div>
 +
<amazon>B00QF6K7PQ</amazon>
 +
<amazon>B00QF6KA08</amazon>
 +
</div>
 +
</div>
 +
 
 
[[Category:くすおの忠臣蔵作品評|1999]]
 
[[Category:くすおの忠臣蔵作品評|1999]]

2018年2月27日 (火) 20:47時点における最新版

作品概要
制作会社 NHK
公開年度 1999年
内蔵助役 中村勘九郎5th
評価 4ツ星
役者絵:中村勘三郎
放送当時のポスター(赤穂・わたやさんにて)

NHK大河ドラマ。原作・舟橋聖一。

松の廊下事件よりずっと前、綱吉が将軍になる前、内匠頭が結婚するずっと前からお話はスタートする。

そして1年がかりの放送でゆっくりほうぼうの事情を説明してくれて、素人が「元禄赤穂事件」を知るにはいいドラマ。自分も忠臣蔵にくわしくない時期に本作品を連続してみることでたいへん勉強になりました。

作品に独特の魅力があり、当時忠臣蔵にハマッていたわけでもないのにあたしはこの作品をオン・タイムで見て毎週録画していた。ハマるきっかけと言ってもいいかもな作品。


登場人物の、おのおのの「立場」を丁寧に脚色してるので不義士とか悪役、というこれまでの偏ったニュアンスが各キャラから消えている。

これには配役も貢献してると思う。

まず中村勘三郎(<18th。当時勘九郎)が大石内蔵助をいいバランスで演じている。ほかの忠臣蔵作品では各役者が立派な人柄で演じていたが、勘三郎は持ち前の器用さで内蔵助像を「実直ではあるが色を好むチャラい軽妙な小男キャラ」として完成させている。(実際は脚本家と険悪だったと聴きます。)。

そもそも池波正太郎作品とかに出てくるイメージが勘三郎に近い(個人的意見)し、ちなみに東大の史料編纂所にある、大石内蔵助そっくりに作ったという人形は勘三郎に似ている。

東山紀之の浅野内匠頭も頭が堅そうで良かったし、いろいろ博学で実際はそんなにやさしくなさそうな石坂浩二が吉良で合ってたし。阿部寛の安兵衛も、宮沢りえのあぐりも、辰巳琢郎の大高源五なんかにいたるまでよかった。役者当人のキャラをうまく利用している。 これを見た以降、忠臣蔵キャラをこの番組の配役でイメージすることが多い。

そこへお笑い芸人や元AV女優、大石内蔵助の子孫まで出演して作品の色をまさに「繚乱」なイメージに仕上げている。


ただ、フィクション部分(この番組オリジナルのエピソード)があんまりおもしろくなかったかなー。

柳沢慎吾や高岡早紀のスパイ活動は出てくるたんびにテンポが崩れるし、本筋にグイグイ食い込んでくる吉田栄作と鈴木保奈美のよろめきシークエンスは、じゃっかんウンザリする。この二人、以前つきあってたのだが鈴木保奈美が柳沢家に側室として召し抱えられる。できた子供は不義で作った元カレ吉田栄作の子供でうんぬんっていう架空のハナシ。いらなくね?

で!こともあろうに吉田栄作は寺坂吉右衛門とメンバー交替して討ち入りに参加する。だからこのドラマの四十七士は正式メンバーではない。それはやっちゃダメでしょう〜。

中盤で内蔵助が思い出をVTRで振り返る「プチ総集編」があったのもじゃっかんさめた。