吉本オールスター大行進 爆笑!大忠臣蔵

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索
作品概要
制作会社 吉本興業
公開年度 1992年
内蔵助役 桂三枝
評価 2ツ星


 吉本興業所属のお笑いタレントさんが大勢出てきて忠臣蔵をやる舞台。


 これ、NHK衛星かなんかでオン・タイムで見た当時(20代)は「ずいぶんダラダラしてるなあ」と思ったが、いま見ると意外にこのダラダラ感が心地よかったりする。(ただ、ビデオ上下巻で見たがたぶん大幅にカットされてると思われる。全4巻ていうのもあり、それを見たらまた感想が変わるかも。)

 かなり台詞のしっかりした脚本が用意されてるはずなのだが、誰ひとりとして完璧に台詞を頭に入れてない。自分の役名の読み方を間違えてるものさえいる。例外的に新喜劇メンバーほか数名がそこそこちゃんとしてるが、もしかしたら全体的に「わざとうろ覚え」なのかもしれない。

 というのは、この短縮版を見る限りでは展開が意外にも定石どおりなので、仕組まれた笑いが少なく、演者のうろ覚えや悪ふざけがないと喜劇が成立しないのだ。(ちなみに原案、脚本は桂三枝(現・桂文枝6th))

 また、見てるこっちの頭にあらかじめ忠臣蔵が入ってれば彼らがどこを間違ったか、なにをふざけてるかが面白いので見ていられるが、ビギナーが見るとただのだらしない舞台に写るかもしれない。あたしが20代の頃見て退屈に感じたのはそのせいもあるだろうと思う。


「オールスター」について言うと、このころは新喜劇は世代交代を模索中で、辻本茂雄はまだ台詞の無い茶坊主や吉良邸用人をやっているのが超もったいなく、藤井隆などはまだ不在。Wコージももっと活躍させればいいのに。ちなみにこの作品でエース級に扱われてる看板は清水圭、トミーズやどんきほ〜て(かつみ=バブル時代)といった面子。

 いっぽう、不破数右衛門役に西川のりおが当てられてるが、あまりにいいキャスティングなんでうれしかった(彼はタケちゃんマン忠臣蔵でも不破)。が、彼の暴走が芝居を止めると判断されてかまったく出番がないのが惜しかった。(もしくはカットされてる?)


 全員が関西芸人(関東陣の才能が頭角を現すのにはもう10年待たなければならない)なので、普通は関西が舞台でも標準語の忠臣蔵が、江戸を舞台しても関西弁と言う逆転現象が起こってる。(註01)

(もっとも文楽だと、そもそも全部大阪弁ですが)


<附言>

2018年春、朝ドラ「わろてんか」を見てここにアクセスしてくる人が増えたが、戦時中の吉本映画についてはこちら>「元禄あばれ笠〜浪曲忠臣蔵より〜


註01…この舞台の27年後、やはり吉本手動で大阪弁忠臣蔵の映画「決算!忠臣蔵」が公開される。