新春仕事人スペシャル 必殺忠臣蔵

提供: Kusupedia
2016年9月5日 (月) 22:30時点におけるKid (トーク | 投稿記録)による版 (ページ 新春仕事人スペシャル 必殺忠臣蔵新春仕事人スペシャル 必殺忠臣蔵 へ移動)

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索
作品概要
制作会社 テレビ朝日
公開年度 1987年
内蔵助役 山城新伍
評価 2ツ星
役者絵:近藤正臣


「必殺は江戸末期が舞台ですが…そこは作り物のご愛嬌ということで」と中村主水(藤田まこと)の口上から始まる。

シリーズが長く続きすぎて人気が低迷してた頃の必殺仕事人V・旋風編の頃のスペシャル。(あ、でも必殺剣劇人の近藤正臣が寺坂吉右衛門役で出てますな)

工藤栄一監督作品で、早かごの隣で新幹線が走ってたりするが、遊ぶところと抑えるところを承知しているスタッフの、わりとしっかりしたパロディ作品。

脱盟者たちにスポットが当たってるのが特徴。討ち入りに成功したと思ったら吉良が替え玉だったんで、仕事人に依頼する。

アレンジ、解釈、キャスティングにそつのない工夫もあって出だしは好調なのだが、当時は必殺シリーズも忠臣蔵も、もうどうしていいかわかんなくなっちゃったマンネリの極地にあったと見え、出だしのワルノリも持続せず、後半にいくほどに間延びして、2時間以上が淡々として感じる。

YouTubeに6分の短縮版があがってたが、それでじゅうぶんかな〜って気がした(笑)。