差分

大石りく

6 バイト追加, 2020年5月20日 (水)
編集の要約なし
水谷八重子は、初め朗読劇だった企画を「演じたい」とリクエストしてひとり芝居に昇華させ、10代〜60代のりくの人生を演じています。
平岩先生に言わせれば、りくは「瀬戸内海に面した穏やかな土地の家老の妻として、四人の子にも恵まれ、まるで小春日和の中に身をおいてたようなシアワセが、とつじょ赤穂事件によって踏み破られた」ふつうの女性として描かれており、これは実際の彼女の残した手紙からも伺える人物像とリンクする。平岩先生に言わせれば、りくは「瀬戸内海に面した穏やかな土地の家老の妻として、四人の子にも恵まれ、まるで小春日和の中に身をおいてたようなシアワセが、とつじょ赤穂事件によって踏み破られた」'''ふつうの女性'''として描かれており、これは実際の彼女の残した手紙からも伺える人物像とリンクする。