ねこねこ日本史#24忠臣蔵だよ、大石内蔵助!

提供: Kusupedia
2018年10月7日 (日) 22:28時点におけるKusuo (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索
作品概要
制作会社 NHK Eテレ
公開年度 2016年
内蔵助役 小林ゆう
評価 3ツ星


そにしけんじ原作のアニメ。

登場人物をネコ化(その他どうぶつ)し、他愛のないそのキャラクターで可愛らしくエピソードを再現して日本史を楽しむ番組。

放送開始当初のオープニングタイトル(主題歌はチームしゃちほこ)で踊るいろんな扮装(卑弥呼や新選組など)のネコの中に一生懸命赤穂浪士を探したがその姿は無く、半ば諦めかけていたが12月になってついに第24話で「忠臣蔵だよ、大石内蔵助!」が放送された。(24話放送時の主題歌は新しくなっており、そこにはしっかり大石内蔵助がいる)


10分弱の番組でうまいことまとめてて申し分のない作品。

ふだん歳月が長いエピソード(人物の生涯など)をデフォルメし大雑把に短くまとめてるノリで言うと、赤穂事件の1年10ヶ月の出来事は尺的にこまかいエピソードまで入れられるようで、いつもより密度が濃い印象。(生類憐れみの令〜松之大廊下〜お家断絶〜放蕩〜急進派の暴走〜再興断念〜南部坂〜討ち入り)


12月の初旬に放送があったが、大晦日にも再放送があった。その後BSなどでも放送。