怪獣総進撃

提供: Kusupedia
2020年7月4日 (土) 15:56時点におけるKusuo (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

ゴジラの怪獣映画シリーズ。

地球征服をもくろむキラアク星人が、怪獣島で仲良く暮らす無数の怪獣たち(ゴジラ、アンギラス、クモンガ等)をコントロールしようとするが、地球人に怪獣を奪還されて計画が失敗しそうになるので、急遽宇宙怪獣キングギドラを一匹だけ呼んできて怪獣軍団に立ち向かわせるが、当然「多勢に無勢」で、ギドラはオーバーキルな集団リンチにあう。


もともとは「怪獣忠臣蔵」と言う名前の企画だっとか。

でも完成品は、敵の宇宙人が「吉良」をもじった「キラアク星人」であること以外はまったく忠臣蔵してない。

キングギドラが死んだあとに、ゴジラが富士の裾野のキラアク星人の地下要塞を襲い始めるのだが、国連科学委員会の人たちがこれをモニターしながら

「怪獣の殴り込みですよ!」

「うん」

というシーンがある。このへんが忠臣蔵?(じゃ、ギドラはさしずめ、清水一学?。)


快楽亭ブラック師匠が勝手に完成させて、独演会で「怪獣忠臣蔵」をネタとしてかけている。


<<余談>>

2016.7月公開の「シン・ゴジラ」には泉岳寺や新橋、愛宕下といった、忠臣蔵ゆかりの地が出てくる。(ほぼ字幕だけでだけど…)