腕におぼえあり

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索
作品概要
制作会社 NHK
公開年度 1992年
内蔵助役 江守徹
評価 3ツ星

原作藤沢周平『用心棒日月抄』

連ドラ。

地方のさむらいの村上弘明がフィアンセのおとうさん(じつはわるもの)を斬っちゃって江戸に逃げ込み、用心棒稼業をして毎日を暮らす中で、派遣先でいろんな人生の女性達と出会い、一方で赤穂浪士たちと知り合ったりする。

そんなある日、派遣会社の坂上二郎が吉良屋敷の勤務の話を持ってくる。


自由に作ったスピンオフだが、上品にオリジナルキャラとからんでおり、ドラマはNHKだもんだから全体の作りが丁寧なんで、安心して見ていられる。

ふつうにおもしろいし、好感度が高い。


ぼんやり見てたときは気づかなんだが、内蔵助=江守徹、柳沢吉保=石坂浩二って、まんま17年前の「元禄太平記」のキャスティングなのね!

で、「元禄太平記」を確認したら、討ち入りのときに江守内蔵助が「うちいりっ!」って言ってるのまで同じ!なかなかニクいパロディをやるなあ!NHKめ!

と、そこからよくよく見ていくうちに、討ち入りのシーンは昔のVTRそのまま使ってるのが露見!あっな〜るほど、経費節約のために金のかかる討ち入りのシーンを古いVTRでまかなおうという作戦だったのかあ。自然に編集されててわからなかった!効果音やBGMがかぶるとなおさら古い画像と見抜けない(夜のシーンだし)。

なんか、そこらへんの目くらましに、わざわざ石坂浩二引っ張ってきて新しいシーンを撮ってカモフラージュしたな〜(<そうなのか?)。トボけたヤツだぜNHK。

ちなみに田村邸の内匠頭切腹は「峠の群像」の引用だった。

ただ古い映像をつなぎ合わせたんでは単に予算が足りないドラマになってしまうが、大胆にやることで「シャレ」にしてるところがウマイ。


どうでもいいんだけど、「編笠十兵衛」(1997テレ東)池波正太郎原作、「刺客請負人」(2007テレ東)森村誠一原作

って全部主役が村上弘明ってのはなんなんでしょうか。

いや、嫌いじゃないですけど、忠臣蔵の外伝は彼でやろうという取り決めでもあるんでしょうか。


余談

・本作品には、2と3という続編があるが忠臣蔵とは無関係。藤沢周平の原作に基づいてそうなっている。


・別の原作を混ぜている本作品よりも同じ原作の「藤沢周平の用心棒日月抄」(97 テレ朝)のほうが「主役と、ゲスト女優」という構成が明確で、コレもおもしろい。小林稔侍主演。

 小田茜は両方の作品に出ている。

・1989年 水曜グランドロマン「用心棒日月抄」(日テレ)は杉良太郎(意外に忠臣蔵本伝ドラマには関わっていない)主演でモテモテの構成。スギ様2回のキスシーン。1時間半のドラマでうまい具合にまとめている。連ドラより見せ場が無いものの、口入れ屋がハナ肇なのが個人的にうれしい。