亀井隠岐守

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索

亀井 隠岐守【かめい おきのかみ】

仮名手本忠臣蔵桃井若狭助のモデルと言われている実在の人物で、内匠頭より以前に吉良からイジメを受けていたと伝えられる(と、Wikipediaにある)。

亀井茲親(かめい これちか)。

桃井若狭助的なキャラで講談に出てくる。その際の家来の加古川本蔵的キャラは多胡外記という人。


元禄繚乱」では亀井と多胡外記のエピソードを実在した勅使饗応役・鍋島摂津守と家老の石井又左衛門のエピソードとして描いており、ホンジャマカの石塚英彦と宮尾すすむという演芸の先輩後輩が演じた。


亀井能登守(かめい のとのかみ)という名前で、家来・多胡外記とのエピソードが語られることもある。