提供: Kusupedia
移動先: 案内検索
役者絵:狆
国芳画:誠忠義士伝より
泉岳寺のお土産
もりい画>義士ようかん


狆【ちん】…お犬様。日本原産の愛玩犬の1品種。

法の下に大切にされてる動物の代表としてしばしば「忠臣蔵」に登場。

駕篭に乗ってたり、ふかふかの紫色の座布団に座ってたり、将軍の膝の上、柳沢邸、吉良邸などセレブなおうちでうろちょろしてたりする。浪士側のペットとして登場することはまず無い。


大事にされてる象徴として登場するわりには、ぞんざいに扱われることも多く、それでもこの犬の表情からは無意識過剰と言っていいほど、現場への執着が感じられない。

体温調節はうまく行かない犬種なのか、セリフのジャマになるほど喘ぐ呼吸音が速くてうるさいこともしばしば。


赤穂浪士 天の巻・地の巻」ではオープニングに立派な駕籠に乗って登場。堀田隼人におどかされた岡っ引きがぶつかると駕籠ごとぶったおれるのだが、駕籠は引き戸も掛けすだれみたいなものも無いスッポンポンな状態なので、狆は横転した駕籠から放り出され、フレームアウトしてよくは見えないが、ことによると下敷きになってるんじゃないかと心配になるようなアクションシーンがある。シーンが変わると上野介の部屋でベロ出してハッハハッハ言いながら鎮座してるが(さっきの狆と同一かは判別不能)、そばでジッと見て一服していた上野介(月形龍之介)に「品はよくないのう。下賤な顔をしておる※01」と言われている。そのあとでおまんじゅうをもらい「うまいか」と聞かれている。(そしてときどきカメラ目線)

忠臣蔵・女たち・愛」では徳川綱吉役のカツシンと10匹ほど(たぶん最多)がいつも一緒だが、最終的にかんしゃくを起こしたカツシンにだしぬけに棒で何匹かぶっ叩かれており、ビックリして逃げ出すチンやかすかだが悲鳴も聞こえる。

峠の群像」では柳沢吉保の側室・町子に飼われており、座布団の上でおとなしくしていたチンが足で追い払われそうになるとマジギレして吠えるという、めずらしくくってかかる、いさましい様を見せるものや、ずっとお腹がかゆくて後ろ脚で掻き続けるというチンも登場する。最初1匹の登場だったが放送回を増すごとにチンの数が増えていくのが本作の特徴。

たけしの忠臣蔵」では斬り殺された吉良邸の用人の死体の周囲を何匹かがうろちょろしていた。

瑤泉院の陰謀」では津川雅彦演じる将軍に飼われており、かれのキスの猛攻撃に若干引き気味である。

※以上は各チンの「状態」をレポートしているだけで、本筋にはまったく関係がありません。


近年では、テレビ番組にチンを提供したオーナーがブログで「うちの○○ちゃんが忠臣蔵に出ました!」と報告する傾向がある。

2015年「ラスト・ナイツ」によってついにハリウッドデビューを果たす。ロケ地プラハ(チェコ共和国)で狆を探すのは至難の業だったと監督は語っていた。


画像下の一勇斎国芳の絵のチンは、勝田新左衛門(勝多真右衛門)の足下にちょろちょろ出てきちゃったようすが描かれている。リニューアル版になるとその絵がじゃっかんデフォルメ加工されて、よりタリラリラーンな顔になっている。


※01…映画監督で脚本家の新藤兼人はヨロキン版「赤穂浪士」の中でこのセリフを吉良役の小沢栄太郎にあらためてわざわざ言わせている。オマージュ?

関連項目