おかる勘平

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索

 この映画の公開前年昭和26年(1951)の帝国劇場の「帝劇ミュージカルコメデー お軽勘平」(帝劇交芸部作 小崎政房 水守三郎演出 出演者: 榎本健一、越路吹雪)を題材にしたバックステージもの。

 その内容はドキュメンタリーや巧妙な取材による生々しい「あるある」ではなく、舞台を降りれば役者も人間である…という楽屋ドラマのオムニバスで初日から千秋楽までを人情噺っぽくまとめている。(例:演劇続けたいけど婚約者がやめろというからどうしようとか、観客は演技よりも自分の体型を見て笑ってるのが嫌になるとか、身内に心配事があっても踊らなきゃいけないとか、楽屋泥棒のエピソードなど…震災も空襲も逃れた帝国劇場は語らず、ただ黙念と建ち続ける…)

 勘平の榎本健一は羽根本健一 。お軽の越路吹雪は山路吹雪 など、出演者も名前を変えて架空の背景があたえられている。

 言うまでもなくエノケンとコーチャンのふたりがすごく達者で、しのぎを削っているので見応えもあり(周囲の役者〜特に女子〜も良い。岡田茉莉子デビュー3本目)、平成30年に観ても声を出して笑える。


 劇中劇にみられるオペレッタ「おかる勘平」は部分しかわからないが、勘平が(師直に)刃傷したり、お軽は高師直に囲われていたり、力弥が顔世にコクったり大胆な構成になっており、そこに「鴛鴦歌合戦 」とか「狸御殿もの」に見られるような無国籍の派手な衣装とセット。名曲の替え歌を越路吹雪の上背と小柄なエノケンとの凸凹コンビで魅せる。

 古い作品であり、浅学なあたしにはミュージカル「アニーよ銃をとれ」の替え歌くらいしか元歌がわからなかったりするがすこぶる楽しく、全部見てみたい。