ショウ マスト ゴー オン 幕をおろすな

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索

三谷幸喜、作、演出の喜劇。

初演は1991年の本多劇場(下北沢)。翌年フジテレビで放送されたテレビ版で忠臣蔵が関連する。


オリジナル(舞台版)のストーリーは、寿命が危ない老役者の舞台をサポートすべく、裏方や共演者がてんやわんやする話で、付け焼き刃な対策が作家の意図しない方向へどんどんと作品を変えていく。劇場版とテレビ版のいいとこ取りが三谷幸喜初映画監督作品の「ラヂオの時間」と言えるかもしれない。「手は、ある!」というセリフが踏襲されている。

勝手に作品を変えられた作家が「どうして言ってくれないのかなー。言ってくれたら、ボク、自分で直したのになーっ」と悲痛に(そして滑稽に)叫ぶシーンが他人事とは思えませんでした。なにせテレビのオンエアを見たらCG屋さんが黙ってあたしの絵を描き変えてたなんてことが日常茶飯事なので(^∇^; )。

舞台版は1994年の紀伊國屋ホールのを中継番組で見たが、喜劇暗黒時代のビミョーな時代背景(この頃の和製コメディの多くはわざとらしいばっかりでホントにおもしろくない)なのにすごく笑える。


テレビ版は劇中劇の「マクベス」をお茶の間向きに「忠臣蔵」に変えており、そのことがとりもなおさず、本コーナーで作品を取り上げようと思ったキッカケでもありますが、メインである「老役者をバックアップする」というプロットは無くなって、純粋に舞台裏で起こるアクシデントだけに的を絞って簡潔に整理して構成しなおされてます。

それでもてんやわんやのストーリーはおもしろいのですが、このドラマの監督(演出家?)さんがあんまりテンポがよくない。用意されたギャグシークエンスは秀逸なのに、それらがテンポよくつなぎ合わされていない。あと数フレーム早くカットしてれば笑えるのに、みたいなじれったさが常につきまとう。

また登場人物の個性も変わってしまっており、たとえば無愛想で滑稽なキャラクターはただの怖い人になってて笑いの要素が一切消えてしまってていろいろともったいない。

このころの三谷幸喜がテレビ用の脚本に慣れてなかったのか、監督の腕前の問題なのか、すごくしろうと臭い(好感は持てるけど)出来であります。

あと、どういう事情なのか、びっくりするほど(じゃっかんイラッとするほど)出演者に美人がいないというのも特筆すべき特徴。(補足:コレ執筆後、古くからの三谷ファン〜漫画家けらえいこ夫妻〜にうかがったら、このドラマは当時の東京サンシャインボーイズの劇団員で出演者が構成されており、いろいろしょうがない旨、概略ご説明いただいた。)。


舞台版を見ると「ああ、三谷幸喜ってもうこの頃ですでに完成してるんだなあ」と感心するのに、テレビ版を見ると「ああ、三谷幸喜って若いころはまだこんな感じだったんだあ」と、感想がかなり変わってしまう。


さて、肝心な劇中劇の忠臣蔵ですが、「ブラボー忠臣蔵」というアバンギャルドなものにアレンジされてる設定なので、それがツッコミどころの免罪符になっており、もう自由でいいわけでして、忠臣蔵であって無いような感じになっておりました。この本を書くに当たって、三谷幸喜はあらためて忠臣蔵を研究するようなことはしてないんじゃないかと思います。(註01)

ンま、それでもあえて突っ込むなら吉良のセリフにある「わしにはお上がついている!」コレは「お上」より「上杉十五万(or三十万)石」のほうがイイですね。お上からは見放されたことで有名なので。

江戸の一大事の手紙を受け取った内蔵助が「殿が亡くなられた!お家断絶の再興の望みも断たれた今、赤穂の塩は粗塩となって瀬戸内の海に流れて行くわいなあ」ってセリフはあまりにもめちゃくちゃで逆に爆笑しました(笑)。(註02)

前述のけら夫妻は、セリフにはすべてにおいて三谷幸喜の目が光ってると言っていたが、上記のセリフはあるていど役者まかせの野放しではないかと推測…するんだけど、わざとかなぁ。


ともかく三谷幸喜が忠臣蔵を取り上げてくれたことがまずうれしいのでなんでもアリ。



註01…とはいえ88年だか89年に「大忠臣蔵」って言うのを書いてると某サイトで見かけたし、09年秋のJ-waveの番組で清水ミチコ氏に忠臣蔵の魅力を説いて聞かせているので、もともとくわしいと見受ける。

ただ2014年の舞台「吉良ですが、なにか?」のパンフレットで古くから東京サンシャインボーイズに携わってる阿南健治氏(「ショウ・マスト・ゴー・オン」では大石内蔵助)が、「吉良ですが、なにか?」までは三谷氏は本格的に忠臣蔵はやってないとコメントしてらっしゃる。


註釈02…「殿が亡くなられた!お家断絶の再興の望みも断たれた今、赤穂の塩は粗塩となって瀬戸内の海に流れて行くわいなあ」…内蔵助が手紙で殿様の死を知った段階では「再興」に「望み」をかけるのは、未来の話しであり、この台詞のおかしさをたとえるなら「夜が明けた!もう日が暮れたから…」というちぐはぐ。



加筆

2018年夏、映画「カメラを止めるな!」のヒットを受けてか、このページのアクセス数があがった。

ナマで動いている芝居を、止めないように裏方が四苦八苦するプロットは似ているが、性質や制作された時代が違うので、両作品(<ショウマスト…についてはTV版を言及)を比べて云々できないし、するのも野暮かと思うが、映像表現として観客に「見せる」という作業をする上での、心構えや丁寧さ、そもそもシンプルに笑う回数は、「カメとめ」が圧倒的。