差分

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索

このサイトについて

259 バイト追加, 2020年6月4日 (木)
編集の要約なし
 時代小説が原作なので、正調忠臣蔵ではない変化球ではありますが、「[[赤穂浪士]]」(DVD入手可)は圧倒的な絵作りの良さと人物設定の豊かさで出色の作品。
 春日太一先生(令和元年現在、日本でもっとも忠臣蔵の魅力を上手に語れる人)はたしか、同じ東映の「赤穂浪士」でも最初のほう(「[[赤穂浪士 天の巻・地の巻]]」(DVD入手可))を概略「ベーシックなものが全部詰まってて完璧」とおっしゃってオススメしてたが(TBSラジオ「アフター6ジャンクション」2018」DVD入手可)を概略「ベーシックなものが全部詰まってて完璧」とおっしゃってオススメしてたが(TBSラジオ「アフター6ジャンクション」2018.12ほか)、くりかえしになりますが、「ベーシックなもの」(スピリット)は詰まってても、具体的なエピソードは昭和初期のオリジナル小説が基なので、名場面をご所望の方は要注意を。傑作であることはもりいも請け合います。12ほか)、傑作であることはもりいも請け合いますが、「ベーシックなもの」(スピリット)は詰まってても、具体的なエピソードは昭和初期のオリジナル小説が基なので、名場面をご所望の方は要注意を。
 また、春日先生のトークを聴いて早速映画を見たビギナーが異口同音にレビューサイトに「セリフが現代語ではないので、わからない台詞もしばしば出てくるし、古い映画で音声が聞き取りずらい」という意見も散見。

案内メニュー