身代わり忠臣蔵

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索
作品概要
制作会社 東映
公開年度 2024年
内蔵助役 永山瑛太
評価 3ツ星


京王線新宿駅ホームの広告

(ネタバレ御免)


 おもしろかった。

 「嫌われ者の殿・吉良上野介(ムロツヨシ)が江戸城内で斬られ、あの世行き!斬った赤穂藩主は当然切腹。だが、殿を失った吉良家も幕府の謀略によって、お家存亡の危機に!! そんな一族の大ピンチを切り抜けるべく、上野介にそっくりな弟の坊主・孝証(ムロツヨシ)が身代わりとなって幕府をダマす、前代未聞の【身代わりミッション】に挑む!」

 …東映の公式ホームページより抜粋


 長いあいだ愛されてきた義士伝のエピソードをアレンジするのではなく、最近にありがちな、あらためて赤穂事件を素材に遊びましょう…系の作品なので、忠臣蔵ファン的な視点でアレコレ言ってもしょうがないし、番宣見てたときからこれは「ムロツヨシさんを楽しむ映画」だとわかってたんで、彼がどうのびのびと演じるのかが見どころで、それはうまく行ってたと思う。

「もしも松の廊下の刃傷がもとで吉良が死んじゃったら」で出来る遊びをいろいろ試せてると思うし、笑いもしたし、ホロリもした、豪華なコント。

 戦後の「珍説忠臣蔵」以来の徹底的な喜劇・忠臣蔵映画は歓迎したい。時代劇で喜劇を成立させる苦労はひと通りではないと思う。


 このストーリーはウォーレン・ベイティの「天国から来たチャンピオン」みたいな、イヤなじじいに別人が憑依する(本作の場合は身代わりだが)ことでそのパーソナリティが変わり、これまでそのじじいを敬遠してた人たちの心変わりや周囲の環境の変化とともに、ハートウォーミングなラストへ流れ込んでいくパターンなのだが、せっかくオリジナルの吉良を徹底した「傲慢でイヤミたっぷりな」「わるぐちを大声で言う」(<セリフより)ようなキャラにして、身代わりになったあとは「(お陰で)お家全体が明るくなった」(<セリフより)つってるわりに、なぜかもともと吉良邸内では家来に慕われるような描写があったり、子供たちがなついてきたりするシーンがあるから、身代わり前後のコントラストが弱く、言ってることとやってることの矛盾、ブレをいささか感じた。

 それを身代わりになってる弟に「兄は殺されて当たり前」とセリフでいちいち何度も蒸し返させて補完しようとしてたが、このへんのバランス、難しかったのかもなあ。

 かくして劇中の吉良邸のスタッフにも映画鑑賞者にも良い人として受け入れられちゃった吉良の不可避な「死」を、どういうプロセスでゴールインさせるのかなーと思ってたが、その工夫はおもしろかった。


 そーだなー…


 ラストの市街戦(というのが、まず忠臣蔵物では珍しいのだが)の「生首ラグビー」周辺には、いささか戸惑いを感じた。この映画の山場なのだが。

 まず生首で遊ぶという行儀の悪さが、「義士」とか「高家筆頭」という品位に似つかわしくないのだが、そもそも、邸内で自分ところの殿様の首を取られたのを目の当たりにした用人たちがいったんは戦闘を諦めたのに、死んだ清水一学が(なぜか)よみがえって、引き揚げ中の四十七士と乱闘を(なぜか)蒸し返す。

 この決着がまちなかでの吉良の首をボールに見立てたラグビー試合(風)で、まあ、コメディとしての締めくくりに、なにか派手なギャグをラストに持ちこみたい気持ちはわからないでもないが、こういう筒井康隆チックな遊びじゃなきゃいけなかったんだろうか?

 それまでが生首ラグビーのギャグをすんなり受け入れられる系統のブラックな脈絡でもなかったように感じるし…

 それ以降も、終わったと思ったら終わってなかった、みたいなもたつきを何度か感じたのです。


 ともあれ、救いようのない悪漢・吉良上野介の描写(生前も死後も)には、吉良びいきのかたがたにおかれては、いろいろ罰当たりに映る気の悪いとこもあったかと、お察しいたします。




附言)ほんとどうでもいい「気になった」アレコレ

 …おっぱいを直接に触りたいなら襟元から手を突っ込むのではなく、絶対に身八つ口のほうが楽だ思うんだけどな…。とか、高尾太夫とはまたベタな(&忠臣蔵と無関係だが落語や浪曲の「紺屋高尾」で有名な)名前を引っ張ってきたもんだな。とか(←こういうベタは作品を安くする)、やりたい設定を成立させるためにずいぶんとアレコレどっさり省略したなあ。とか、四十七士がみんな面長で似た顔立ちなのはメインキャラを際立たせるためだろうか。とか、吉良のクビを包んだ布に現れる大根の切断面みたいな真っ平らのシルエットは、リアルさを避けようとした配慮だと思うが、さめるわ〜。

 ↑ でも…、書いてて思ったけど、どれもこれも徹底的に「わかりやすさ」を追求した腐心の結果なのかもなあと思いました。。