編笠十兵衛(テレビ東京)

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索

気楽に見られる、明るい一話完結モノ。

原作とはそうとうかけ離れてて、こんなに変えちゃうなら「池波正太郎原作としなくても…」と、思ったところでフと思いついてググってみたら、松方版「赤穂浪士」と同じプロデューサーだった(<「こんなに変えちゃうなら大佛次郎原作としなくても…」という方)。


将軍綱吉の隠れご意見番のじいさん中根平十郎(津川雅彦)と、柳生十兵衛の孫の月森十兵衛(村上弘明)が世直し的に暗躍する設定は原作どおりの土台。しかし十兵衛は和菓子屋の女主人の夫で子煩悩。

中根とお鍋やったり、家族でお菓子食べたりというシーンがほぼ毎回有り、原作に見られる殺伐とした雰囲気が一掃されている。


また各話に高田馬場絵図面取り天野屋利兵衛のエピソードなどが独自にアレンジされて入っていたり、吉良側を完全な悪役に仕立ててわかりやすい。(わざとかも知れないが「男でござる」を言わない天野屋や、十兵衛より酒が弱い安さんなど、ファンとしてはちょいちょい歯がゆい。)

この明瞭なコントラストの中で月森十兵衛をシンプルに正義のヒーローにしたことで原作にある十兵衛の異様なまでの赤穂びいきに違和感がない。


波に乗るまで2話ほどかかっており、不思議なスロースタート。

第1話と2話のみ、比較的暗くぎこちない雰囲気が続き、3話目から雲が晴れるように明るくなってくる。テコ入れでもあったのか(そんな急なテコ入れって間に合うものなのか?)。つかこの2話だけ画像のクオリティがすごく低い。

特に印象的なのが柳沢吉保の女スパイおれんで、パーソナリティが第3話から急におきゃんなキャラに調整され、これによって完全にミスキャストに思われた大沢逸美が光を放ち始め、最終的にすごく好印象。


同局同年放送の「炎の奉行 大岡越前守」同様、部分的に「幸四郎の大忠臣蔵」のカットを流用している。


主題歌は南国ピーナッツ・松崎しげる。


余談:もりいの知人の旦那さんが第6話「吉良方武士道別れ道」にご出演。