もりいくすお

提供: Kusupedia
2017年3月3日 (金) 21:28時点におけるKusuo (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索
2016.03月 国立演芸場楽屋にて

もりい くすお(男性、1965年11月23日 - )は、日本のイラストレーター。本名:森井久寿生。「作画屋」と名乗っている。

桑沢デザイン研究所非常勤講師。赤穂観光大使。忠臣蔵文化愛好画家。

書籍、雑誌等の印刷物、テレビなどのメディアに絵を提供している。本サイトのオーナー。



忠臣蔵的・生い立ち/履歴

<※以下のプロフィールは事実ですがあくまで、本・忠臣蔵サイトの一部であり、かなりアブノーマルな構成になっていることをあらかじめご了解ください。忠臣蔵関連は太字になっておりますw。>


東京都港区・東京慈恵会医科大学附属病院で生まれる。

ちなみにこの病院は、討ち入りのあと堀部安兵衛大石主税不破数右衛門らが最初に落ち着いた愛宕下の伊予松山藩・松平隠岐守の上屋敷跡。ちなみに堀部家菩提寺の青松寺の真っ正面。また畳替え事件の増上寺の近所であります。

その後品川(勅使、院使を出迎えた地。そして「義士銘々伝」でブレイクした、現在の浪曲の形を作った桃中軒 雲右衛門の葬られてる地)で育つ。

品川と言うと聞こえが良いが最寄りは片岡源五右衛門を演じた郷ひろみ大石内蔵助を演じた真田広之の育った大井町である。

ちなみに誕生日は不破数右衛門を演じた田中邦衛や綿引勝彦と同じ勤労感謝の日。元禄14年、江戸会議で内蔵助がみんなをなだめたあと、赤穂へ発った日。


先祖は大石内蔵助の閑居があった京都の山科の近所の出だと勘違いしていた時期があったが(高祖母が木村荘平の愛妾だったから)、実際は伊達家のお屋敷があった麻布は仙台坂のそばのおっさんの子孫だった。

父親は「仮名手本忠臣蔵はフィクションだからいいが、いかにも史実であるかのように家柄の良い高家筆頭の吉良上野介を悪者に仕立て上げる映画の忠臣蔵は嫌いじゃ!」と、アンチ忠臣蔵のアキバのデザイン会社の取締役で、母親は泉岳寺そっくりの四十七義士の墓がある(興宗寺〜こうしゅうじ〜)福岡県(とはいえ、出身は久留米)出身で、「忠臣蔵」と聞いても「はぁ、時代劇ね」というくらいの経理事務の人。くすおはそういう家柄のもとに生まれた。


物心ついた時からすでに絵を描くのが好きだったくすおは、小学生の時、雑誌の「テレビランド」や「小学四年生」「小学五年生」に投稿して絵を掲載してもらう印刷初体験をする。同時に「おはようこどもショー」のコーナーでつボイノリオの背景に絵を採用された放送電波初体験もした。

テレビや漫画ばかり見ていてあまりに勉強しないので、罰として親に漫画本のすべてを破棄されるがクオリティの高い手塚治虫(<ちなみに先生は「わんわん忠臣蔵」原案を担当している)作品だけは父の情けで読んでいいというお赦しが出る。(当時俗悪とされたテレビ番組「8時だヨ!全員集合」「うわさのチャンネル」についても視聴禁令が敷かれた)

勉強のじゃまになったり、他人の机を落書きで汚したり、いかがわしい絵を描いたりという悪行に対してしばしばマンガ全般禁止令が出るが、今にして思えば抑圧はますます描きたい情熱をかきたてた。


小学生時代にジョーズやタワーリングインフェルノや犬神家の一族をきっかけとしてハマった映画鑑賞だったが中学生になってから、深作欣二の「赤穂城断絶」に出会う。いわばもりいくすおが真っ正面から接した忠臣蔵ファーストコンタクトである。

そのパンフレットにはそれまで公開された過去の忠臣蔵映画のスチルがたくさん載っており、釘付け。同じテーマでいろんな作品がめんめんと作り続けられてるという映画史に興奮した。間違いなくここで植え付けられたなにかが触媒され本サイトを作る根源になっている。

また落語にハマったのも中学時代で、たとえば「中村仲蔵」を聴きながら、創作の魅力をあれこれ想像し、おはなしに出てくる定九郎ってどんなんだろうと思いをはせた。この頃を境に両親を「おとっつぁん」「おっかさん」と呼ぶようになる。

アメリカの風刺雑誌MADと巡り会い、モート・ドラッカーの作風に憧れる。

学園祭では16ミリフィルムでアニメ撮影などした。


中高一貫なので、そのまま新宿の成城高校に進学。

都バスで6年間、登下校の際、堀部安兵衛の自宅のあった牛込柳町を行き来した。

この学校は最寄りが早稲田駅であり、言うまでもなく堀部安兵衛の高田馬場の決闘の現場に近い。学校の裏にあたる月桂寺は講談で鳥居理右衛門が門前で槍術指南をした場所とされる。

先輩に、清閑寺中納言を演じた上原謙や大石内蔵助その他を演じた丹波哲郎間十次郎の子孫でアナウンサーの羽佐間正雄氏がいる。

このころ、雑誌「ぴあ」に毎号似顔絵パロディイラストを読者投稿して掲載してもらうなどしていたが、高2のある日、縁あって「仮面ライダー」や「マンガ日本の歴史・忠臣蔵と生類憐み」で有名な石ノ森章太郎先生にマンガを見てもらい、とりあえず悪く言われなかったことですっかりその気になり絵描きの道を目指す。お礼に出かけた場所が国立小劇場の楽屋だったことも手伝ってか、ソワソワするもりいの様子を見たその時の先生のアドバイスは「きみは噺家をめざしたほうがいいんじゃないか?」だった。


高校卒業後は、渋谷の専門学校桑沢デザイン研究所(先輩に田村邸跡で切腹最中を売る新正堂さん社長夫婦)でグラフィックデザインを学ぶ。課題の多さにヘトヘトになり押しつぶされそうになると浅草東宝に「クレージーキャッツ特集」をオールナイトで見に行っては正気をたもった。

在学中に、刃傷事件のあった江戸城の、内匠頭が駕籠で出てった平川門の近所の小学館の漫画週刊誌からデビュー。

卒業してすぐクレイアーティスト、カワイイ学博士の森井ユカとの共同生活を浅草で始める。

人並みに式と披露宴をしたが、場所は吉良邸の茶会の日をリークした羽倉斎ゆかりの地、神田明神であった。

浅草は義臣伝読切講釈「忠臣連理の鉢植~植木屋」の舞台で、忠臣蔵がお家芸の国本武春先生が浪曲をされる木馬亭のある、仮名手本忠臣蔵などが公演される中村座がやってくる有名な東京の下町である。


3年ほどして菅谷半之丞の寓居していた谷中のそばに転居。しばらくいた。


イラストデビュー以降

友人に助けられながら、クライアントに謝りながら、それなりにイラストレーター生活を続け、たまに広川太一郎さんのモノマネ(間十次郎の子孫の声優・羽佐間道夫さんおすみつき)で関根勤氏主宰のカンコンキンシアターのナレーションもお手伝いしつつ、台東区では10年以上営業を続けた。

ちなみに関根氏は高輪の育ちであり、小学生時代は義士祭になると煙まみれの泉岳寺に、お友達と「探検だ!」と言って出かけたという(お寺はご実家から徒歩7分)。


デビュー当初はフランスのバンド・デシネに憧れたこともあってアクリル絵の具を使ったリアル絵を積極的にメインの仕事とし、雑誌や広告にイラストを提供し、タカラトミーのプレステゲーム「ラーメン橋」のキャラデザインなどもした。

その後パソコン時代到来と共にコラージュマンガ(漫画と写真を合成したフュメッティ)でフェチ漫画を意気揚々と制作(あちゃら「フェチャイライトゾーン」)。当時の地上波で放送中だった「トゥナイト2」「タモリ倶楽部」などでフェチコメンテーターとしてしばしば本人が電波にも乗った。

その後、ルポ漫画を得意とした作家としてほうぼう出かけてはそれをマンガにすることが多くなる。(リクルートガテン「おしごと見聞録」/日刊ゲンダイ「見てきたマンマ」/三才ブックス裏ッ!「ピンポンダッシュ」/講談社モーニング「モーニング探検隊」など)

そのまたあとは、テレビに似顔絵を納品するようになる(フジ「IQサプリ」「とんねるずのみなさんのおかげでした」など)。


20〜30代は特に忠臣蔵を意識することもなく生きていたが、それでもなぜか年末の忠臣蔵映画を録画したり、大河ドラマの「元禄繚乱」を毎週録画したりしていた。


やがて2005年、若き安兵衛が江戸に来て最初に住んだ、神崎与五郎が「美作屋善兵衛」を名乗って町民に化けていた、寺坂吉右衛門の墓のある、吉良上野介の愛人が住んでいた、本籍地でもある麻布に仕事場を引っ越し新装開店。(江戸城の鬼門から裏鬼門に引っ越したわけである)

自宅も転宅したがそこはたまたま、イタリア大使館大石主税堀部安兵衛終焉の地。伊予松山藩・松平隠岐守の中屋敷跡。)の目と鼻の先だった。

この時点で、まだ忠臣蔵にはハマっていないが、タイミングとしてはあきらかにこの引越がターニング・ポイントといえる。

2006年、翌年亥年の年賀状に仮名手本忠臣蔵の五段目に出てくるイノシシを描こうとにわかに思いたち、友人に結婚のお祝いに似顔絵を描く代わりにと仮名手本忠臣蔵のDVDを無心。ここで初めて歌舞伎をじっくり見る(DVDだけど)。(結局年賀状は制作せず仕舞い。)


忠臣蔵WEB開店から…

そして運命の2007年末、北王子欣也の「忠臣蔵」のCS放送を見ながらいつも混乱する「忠臣蔵」の登場人物のメモをつけ、鑑賞する作品をとっかえひっかえしながらメモを続けているうちに、どんどん被れていってしまった

雑誌やテレビの似顔絵の仕事が多かったので、練習もかねて登場人物の役者絵を仕事の合間に描いていたら仕事中もオフも絵と向き合うこととなり、それが楽しいウォーミングアップになった。おかげでいつ仕事へのシフトしても筆が軽やかになり、気が進まない仕事が激減した。

映画やドラマの登場人物の元ネタがどうやら古典にあると察し、20代から親交のあった国本武春氏に相談。自宅に押しかけ講談本やカセットテープを大量に借り、お勉強に興じる。


そうして突然熱くなった忠臣蔵への思いから1年弱。遂に2008年、たまったメモと役者絵を素材にして本サイト公開に至る。

ホームページの名前、くすやは討ち入りの前に四十七士が集まったそば屋の名前にちなんでつけました。自分の名前に似てたので。


サイト公開と同時にライターの柏木珠希さんのお声がけがあって、珠希さん経営の長屋カフェ「さと和」さんにて役者絵展を開催。堀内道場のあった小石川で1ヶ月半お世話になった。

サイト公開1周年の2009年10月、ネットアニメ「まんが超忠臣蔵」を発表した。

現在、もりいくすおがデザインで協力させていただいたグッズが播州赤穂忠臣蔵専門グッズ店わたやさんにてご購入いただけます。聖地でのグッズ販売は夢のよう。


奇しくも、大石内蔵助の享年と同じ45歳の折、兵庫県赤穂市から「観光大使」を委嘱される。


2013年に忠臣蔵物語を布教するために早わかり忠臣蔵絵本をリトルプレスでリリース。ゆかりの地で売っていただく。


2014年はイタリア大使館(旧・松平家跡)訪問。フランスでの義士絵の販売(以下に詳細)や、久米宏さんや春風亭一之輔師匠のラジオ出演、テレビ3番組ほどの義士絵の提供。


2015年、1年の審査の末ラインのスタンプ忠臣蔵~47samurai~が発売。

使い勝手の悪さに急遽スピンオフ忠犬ちんべえを審査申請したら今度はたったの4日でリリースされた。

前年、フランスのパリ西部に位置するナント市にある歴史博物館の要請で、新正堂さんに提供した義士ようかんの絵(47葉。歌川国芳のアレンジ)を提供。博物館はそれを大判のシルクスクリーンで刷り直し、2セット作ったものを、同博物館で開催された「サムライ展」のために制作されたブックセットに入れて販売したが、2015年春にそのブックセットがめでたくLa Nuit Livre 2015 アート書籍部門においてグランプリを受賞した。

夏、紀里谷和明監督のラスト・ナイツの広報活動に協力。

12月は両国から泉岳寺までの道のりをテレビでご案内(テレビ東京「なないろ日和」)。

港区さんの歴史フォーラムのために講演初登壇


2016年、国立演芸場「忠臣蔵でござる 春宵特撰 ASANO meets HANGAN」にて春風亭一之輔師匠とトークライブ。

10月 国立劇場開場50周年記念グッズ芝居廻り絵巻『仮名手本忠臣蔵』を高田紙器さんと開発&リリース。

11月 ヨミウリ・オンラインさんにて作文「師走恒例「忠臣蔵」はオワコンにならない」

12月 赤穂市立図書館にて個展「忠臣蔵イラスト展〜もりいくすおのおしごと披露〜」開催


めでたし、めでたし。


Kusuo Morii (b. November 23, 1965) is a Japanese Illustrator and comics artist best known as a The producer of the encyclopedia of Chūshingura where is largest in this planet.

Chūshingura are fictionalized accounts in Japanese puppet show, theatre, and film that relate the historical incident involving the 47RONIN and their mission to avenge the death of their master, Asano Naganori.


< 蛇足 >

ちなみに、座業ばかりで運動不足が続くもりいは数年おきに、看護士さんたちの人あたりの良い聖路加病院(鉄砲洲の浅野家お屋敷跡)で人間ドックをうけているが、たまに健康管理のためにウォーキングもする。片道20分の往復でスタスタ歩くが、折り返し地点は泉岳寺南部坂である。

映画を見るときは、もっぱら徒歩圏内の毛利庭園(四家にお預けになったメンバーのナンバー3組が切腹した毛利邸跡)に隣接してる、六本木ヒルズヴァージンシネマズ六本木である。


外部リンク/ギャラリー