忠すぃん蔵〜ゴリエ外伝〜

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索
作品概要
制作会社 フジテレビ
公開年度 2004年
内蔵助役 山口智充
評価 2ツ星


 人気バラエティ番組「ワンナイR&R」の、ゴリエのコーナーで放送されたコントドラマ。

 DVな彼氏・川ちゃん(ガレッジセールの川田)に振り回されるゴリエ(ガレッジセールのゴリ。ダンススキルがすごく、このキャラで紅白まで出ている)が、元禄14年にタイムスリップして、川ちゃんの先祖・堀部川兵衛に出会い親密になるが、彼は気乗りしない討ち入りを中止させるために、ゴリエを暗殺目的に吉良邸に単身、乗り込ませる。が、ゴリエは先方で影武者として逆に雇われて、四十七士に殺される。

いつも殺されるので、死んだことは翌週のコントでは不問。)


 とにかく、おもしろいことを威勢よくやろうという気概がすごく、セットも豪華だし(松の廊下は畳5畳分の横幅だったり、吉良の隠れる炭小屋までしっかり作られている)、ストーリー的にまったく不要な小池栄子(レギュラー)にも大奥のご婦人風の衣装を着せてわざわざ出番を作ったり、大評定の場面では大勢の芸人(アンタッチャブル、アンバランス、イヌがニャーと泣いた日、おぎやはぎ、劇団ひとり、サブミッションズ、ダンディ坂野、なかやまきんに君、ニレンジャー、原口あきまさ、FUJIWARA、ペナルティ、ホリ、ワンダラーズ土井、村上ショージ全員を裃姿にしており、アンタッチャブルや劇団ひとり、モノマネ陣など、ほとんどが映っていない)を用意したりと、とにかく贅沢で、当時の本番組の隆盛を感じる。

 「オレたちひょうきん族」同様、スタッフの用意の中で芸人が縦横無尽にふざけているのは一緒でも、出演陣(ガレッジセールのほか、雨上がり決死隊やぐっさんがレギュラー)の"笑わせスキル"がすごく高く、10年以上経ったいま見ても笑える。


 ただ一点、雨上がり決死隊のホトちゃん演じる川兵衛の父親が、ゴリエと情事が終わったばかりの息子の部屋に飛び込んできて、刃傷事件を報告するシーンで「殿が!浅野殿が江戸城で殿中を起こされたのじゃ!」という、ヒドイ言いそこないのセリフを吐く。

 これにすごく引いた。


 だが、ここに誰かがツッコミを入れるわけでもなく、さらにやりとりが以下のように続く…。

「川)えええっ!…殿中って、なに?」(ここで見せる蛍原とゴリのズッコケは素敵)「蛍)殿中だろ殿中。殿中も知らないのか!」「ゴ)ちょっと川兵衛くん!ヤバイでござるよ!殿中って言ったら去年大ブレイクした芸人、ダンディ坂野!」「蛍)(ゲッツ!みたいに)デンチュ!」(…というオチ。文字に起こすとクソつまらないが、この滑りネタを動作でやると笑えるものに昇華させてるからすごい)

 …こんなにはっきり「殿中」というワードに言及してるのに、実際に「殿中」がどういう意味か、ここにいた大人たち全員が、知らない&調べない(もしくは、わかってた上で「どうでもいい」と思ってる態度)という現場の低度に唖然とする。

(気が進まないけど、説明すると、殿中というのは言ってみれば「場所」のことであり、別のことで例えれば「師匠が!鶴瓶くんがフジテレビでスタジオ内を起こされたのじゃ!」みたいなこととなる。)

 たったひとつのほころびではあるが、その後にある、ゴリエの身体能力をおおいに活かした討ち入りの殺陣などは見応えがあり、そういう、裏打ちされた出来の良い場面が秀逸なだけに「細かいディティールはおざなり」という、部分的な手抜きこだわりのなさが際立ってしまうし、テキトーに台詞を与えるスタッフもスタッフだが、引き出しもないのに、与えられた台詞を渡されたまま、鵜呑みで本番に臨むこのシーンの出演者全員の、詰めの甘い雑な姿勢もおおいにシラケる。それで許されてしまう当時の時代背景も、忠臣蔵ファンとしてはいかにも寂しいものがありました。


 この番組は、各方面からなにかといろいろ抗議を受けることがあり、やがて終わってしまうが、そういう、人が不愉快と思うコントを辞さないで「おもしろきゃ、なんでもかまわない」という、強気の態度のもとで「浅野殿が江戸城で殿中を起こされたのじゃ!」がオンエアーになったのかと思うと、言い間違いに可愛げがまったく感じられないのである。

 予算をふんだんに使っているだけに、態度がいよいよ傲慢に感じられる。


 なんだよ。「殿中を起こされたのじゃ」…って。


<附言>

 これって結局、登場する三人が「でんちゅう」がわからなかったっていうシチュエーションだから、もともとホトちゃんも承知のうえで、わざと「殿中を起こされた」と、言ったのだろうか…。

 だとしたら、だとしたで、台詞のセンスが無さすぎる。「殿中でたいへんだ」とか、ほかに言いようがありそうなもの。

 電気屋さんの建柱工事じゃあるまいし。(<これ、すいません。余計でした)