差分

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索

江戸むらさき特急

422 バイト追加, 2020年7月9日 (木)
編集の要約なし
「忠臣蔵外伝の巻」は劇中劇の形をとっており、おそらくコレだけは漫画の原作と関係がない(要確認)。
風間杜夫は子役時代からいままで大石主税〜浅野内匠頭〜堀部安兵衛〜大石内蔵助と順調にキャリアを積んできた時代劇役者の役で、そのパーソナリティはあたかも「蒲田行進曲」の銀ちゃんのその後じゃないかと思わせるような演じぶりで贅沢に感じられる。風間杜夫は子役時代からいままで大石主税〜浅野内匠頭〜堀部安兵衛〜大石内蔵助と順調にキャリアを積んできた時代劇役者の役で、そのパーソナリティはあたかも「蒲田行進曲」の銀ちゃんのその後じゃないかと思わせるような演じぶりで贅沢に感じられる。([[もりいくすお]]には、つかこうへい劇団というイメージの強い風間さんだったが、どっこい住田知仁名義で子役で活躍をした、往年の東映京都の時代劇キャリアのある人である。大人になって、大友柳太朗に再開した時すっかり忘れられていたそうだが。笑<small>(ワイズ出版「大友柳太朗快伝」)</small>)
 内蔵助が[[天野屋利兵衛]]に夜這いを掛けてしまって「男でござる!」と叫ばせたり、[[阿久里/瑤泉院|瑤泉院]](中島ゆたか!)にはりがたを渡して「細かりし由良之助」と言わせるなど、古典の小咄の映像化もうれしい。(中島ゆたか!)にはりがたを渡して「細かりし由良之助」と言わせるなど、'''古典の小咄の映像化'''もうれしい。
討ち入りの陣太鼓を叩いてると近所のオバサンが「うるさいなあんたらっ!!いいかげんにしよしっ!!」と苦情を言うシーン(山城新伍の実体験)で全75分の作品の幕は閉じる。

案内メニュー