尾上松之助の忠臣蔵

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索
作品概要
制作会社 横田商会
公開年度 1910年
内蔵助役 尾上松之助
評価 3ツ星


最古に近い忠臣蔵映画と言われているそうです。近代フィルムセンターでは「実録 忠臣蔵」と呼んでいる作品。

これがBS2で放送があったときは「明治43年〜大正6年頃」の製作であると、スーパーで入っておりますが、近代フィルムセンターは1910〜12年としている。「日本映画データベース」によると1910年(M43)としてあります。初代総理大臣の伊藤博文が暗殺された翌年。とにかくこの映画の43年前は江戸時代ですよ。すごい昔の映画。


邦画第1号の映画の大スター「目玉の松ちゃん」こと尾上松之助が、浅野内匠頭大石内蔵助清水一角を一人で何役も演じ、八面六臂の大活躍。


ここまで古いと絵作りも相当いまの「映画」とは様子が違っております。据え置きのカメラがセット(と言っても思いっきり絵を描いたカキワリ〜よしもと新喜劇みたいなアレ〜がうしろにあるだけ)の前で舞台よろしく演技をする役者を淡々と撮ってるだけという、ほんと、「黎明期」というおもむき。厳密に言うと、ほかの映画がつぎはぎで混ざってて、松の廊下の刃傷の時だけ急に奥行きのあるアングルになってる。撮影場所も本当のどこかの大きな廊下(もしくはセット。で、ちなみに衣裳も変わっており、吉良役の役者も違うように見える。)

ていうか、意外に「据え置き」の絵ヅラって基本?こういう構図って黒澤明もやってたですもんね。コレ人間が見ていて安心する構図なのかな。

「自然光に勝るもの無し」ということもあるでしょうが、たぶん当時のフィルムの感度のせいで屋内シーンもセットを屋外において撮ってるのがよくわかる。背景の掛け軸が風でヒラヒラしてるし、南部坂も屋内なのにカンカン照り。

言うまでもないがとにかく「ゆるい」。しかしそれがなにもかも、愉快でラブリーなのであります。ギャグシーンなんぞはちゃんと声を上げて笑える出来映え。シリアスなシーンでも、墓前の吉良の白髪首をセンスでペシペシ叩いたり(<附言:コレ間違い。供養の意味で殿の腹切り刀を首級に当てている。コマ落としっぽくてペシペシしてるように見える。)、陳腐な言い方だが「逆に新鮮」。


女性キャラは山科の閑居島原でもみんなおっさんが演じています。「男女混合映画」の起源を知りたくなりました。

坊主頭はヅラ。ハダカ(刺青姿)は襦袢と、コレも新鮮。


300年も前から長い間愛されてる「忠臣蔵」なんだから当たり前なのだが、映画の技術は未熟でも、扱ってるエピソードがいまに伝わるおなじみのアレコレがすでに完成されており、歴史を感じる。もう一回見ようっと。(1時間半ぐらいの作品)


新発見フィルム

2018年に、活弁の片岡一郎氏が京都の古道具屋で新たなシーンを発見した。「無声映画 忠臣蔵」とあったその商品について道具屋の主人は「それホモ映画だよ」と言っていたが、それはそれで面白いやと買ってみたら大発見だったという。(2018年2月近代フィルムセンター 大ホール上映会にてトーク。作品は無音。カットによって染色あり。字幕は場所の説明のみ。)

新たに発見された映像は非常に状態が良く、画質が良い。これまではコントラストが強く飛び気味だった画質しか拝めなかったが発見フィルムは落ち着いた画質で雪のシーンで地べたにはっきり白い布が敷いてあるのがわかる。

オリジナルは相当長いとされているが、どういうところがカットになったんだろうと抱いていた疑問が今回の発見で自分なりに払拭した。無くなってるシーンには音が入ってもいないのに会話シーンが長回しでたっぷりあるのだ。

発見された主だったシーンは…

田村邸の門前で内匠頭のお小姓が三人やってくるが伊達伊織(たぶん)が言い分を聞いてから一旦屋敷に戻り、待っていると戻ってきて一人だけ無刀で面会が許されて片岡源五右衛門(たぶん)だけ入っていくシーン

・田村邸で検視役から切腹をおおせつかる内匠頭。(このあと一旦引っ込んでそのまま現存する切腹場のセッティングになる)。

・祇園。村上喜剣竹井金右衛門が内蔵助を見限って斬ろうとするシーン。

・東下りの時に人足が禁裏御用の荷物を運ぶシークエンスの尻切れトンボだったコミカルなシーンの「オチ」

・旅籠・近江屋に立花左近が到着するシーン

・左近が帰ったあとに潜んで様子をうかがってた家来が追って斬ろうとするのを内蔵助が止めるシーン。

戸田局が内蔵助に「ほんとはちがうんでしょ?」と言う南部坂の後半。

・三次浅野家の門前で羽倉斎(たぶん)から面罵されるが茶会の日取りがわかるシーン。

・出し抜けに「毎度有難う御座居ます」の文字。

・泉岳寺で冷光院様の墓前でだれかわからないが瑤泉院が現れて、白紙を咥えて扇子で顔を覆うようにしたりして(舞い?)、吉良の頭部を短刀でペシペシして彼女の両脇を竹林唯七(作中の表記ママ)ともうひとりが弓を掲げて3人でポーズする儀式。(<たぶん首実検)

などなど。

近代フィルムセンターでは近い将来「最長版」を作りたいと研究員さんがMCでおっしゃってました。(加筆:同年12月、最長版公開に至るが、もりいは赤穂義士祭の実況のお仕事に出かけるため観られなかった(泣)。)